企業名

トーカイ< 9729 >

本社所在地

〒500-8828岐阜市若宮町9-16

会社情報HP

http://www.tokai-corp.com/

設立

1955年07月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス業

同業他社

京都ホテル<9723> KNT-CTホールディングス<9726> 日本管財<9728>

沿革

1955年
7月 寝具のレンタルを目的とする東海綿業(株)(現・当社)を岐阜市に設立。

1975年
10月 商号を(株)トーカイに変更。

1988年
12月 名古屋証券取引所市場第二部へ上場。(2011年5月に上場廃止。)

2010年
3月 東京証券取引所市場第二部へ上場。

2011年
3月 東京証券取引所市場第一部へ上場。

事業内容

病院リネンサプライや病院運営の周辺業務受託 介護用品のレンタル 調剤薬局の経営(たんぽぽ薬局(株)) リースキンブランドでの環境美化用品のレンタル 宿泊施設などへの寝具類のレンタル 病院などでの給食の提供(トーカイフーズ(株)) 病院など建物の清掃・管理((株)ティ・アシスト、(株)ビルメン) アクアクララブランドでの水の宅配 など

事業リスク

(1)グループの各種事業に共通するリスクについて
① 事業環境の変化等による影響について グループが行っている病院関連事業、給食事業を含む「健康生活サービス」では、国の施策に沿って病床数は減少の方向にあり、「環境サービス」ではダストコントロール市場そのものが飽和状態になっており、市場の拡大は見込めない可能性がある。このような市場では、国の施策の変更、政治・経済・産業の動向等コントロールの及ばない外部要因によって、事業環境が大きく変化し、それに伴って業績が大きく影響を受ける可能性がある。また、新規参入を含めた市場の競合状況が厳しくなる場合は、市場でのシェアを維持するために利益率の低下をもたらすことも予見され、このような場合には、グループの事業及び経営成績に影響を与える可能性がある。
② 法的規制について グループでは、「健康生活サービス」の主な顧客としては、医療施設及び介護福祉施設に加え介護保険を利用される高齢者を中心とする一般の方々であり、「調剤サービス」では医療機関から処方箋を受け取られた患者、「環境サービス」では、一般家庭のほかに医療施設及び介護福祉施設を含むあらゆる事業所が顧客となる。これら顧客のうち医療施設及び介護福祉施設は公共サービスを提供する場として厚生労働省等の行政・所管官庁から様々な規制を受けており、顧客に対して行政が関与する部分が大きいことが特徴の一つになっている。これらの規制はその時代背景、国の施策や財政状況、高齢者人口の増加割合等により、大きく変化することも予想され、その影響を受ける形で医療施設や介護福祉施設の収益に少なからぬ影響を与える可能性があり、グループの収益低下に直結することも予想される。

主力サービス

健康生活サービス50%、調剤サービス37%、環境サービス13%