企業名

東京産業< 8070 >

本社所在地

〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル

会社情報HP

http://www.tscom.co.jp/

設立

1942年04月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

佐藤商事<8065>三谷商事<8066>菱洋エレクトロ<8068>

沿革

1947年10月
三菱系各社支援の下、一般産業機械及び器具類の国内販売、輸出入を業とする機械専門商社として新発足し10月20日を創立記念日とした。

1959年08月
東京証券取引所に店頭株として公開

1961年10月
東京証券取引所市場第二部に上場

1996年09月
東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

事業内容

各種機械・プラント・資材・工具・薬品などの国内販売な らびに貿易取引、不動産賃貸業

事業リスク

(1)国内外の経済状況取扱商品の中には経済状況、景気動向により需要が減退する可能性があるものが含まれており、これら商品の需要減退、価格下落はの業績と財務状況に悪影響を与える可能性 がある。

(2)同一メーカーあるいは少数のユーザーへの高依存度創業以来三菱グループの一員として、グループ各社、とり わけ三菱重工業㈱、三菱電機㈱の製品を国内外の産業界に納入、販売してまいりました。ことに、電力関連部門では電力業界向けに両社の販売代理店的立場で発電プラントの納入、修繕業務に携わってまいりました。また、環境・船舶関連部門では、国、 各地方自治体向けに三菱重工業㈱の関係会社製ごみ焼却プラント、汚泥処理プラントなど公共施設の受注・納入業務を行っている。この両部門の当連結会計年度売上高は全部門の89.2%であり、大きな比率を占めている。したがって、今後の電力業界の設備投資動向、 国・地方自治体の財政状況、また、メー カーの販売政策に よってはの売上高に大きな影響を受ける可能性がある。

(3)取引先への信用供与取引先に対し売上債権、前渡金、貸付金、保証その他の信用供与を行っており、これら取引先が支払不能に陥る場合はの業績と財務状況に悪影響を与える可能性がある。

(4)訴訟 事業活動を展開するなかで、知的財産権、納入者責任、労務等様々な訴訟の対象となるリスクがある。重大な訴訟が提起された場合、の業績と財務状況に悪影響を与える可能性がある。

(5)投資有価証券等投資資産事業の遂行上、取引先へ投資をすることがある。これら投資資産は常にその必要性と保有のリスクを勘案し、適宜新 規投資、保有継続、処分の判断を 行っているが、投資先の 財務状態の悪化、株式市況の下落によっての業績と財務状 況に悪影響を与える可能性がある。

主力サービス

電力関連69%、化学機械関連13%、電子精機関連10%、環 境・船舶関連4%、他4%