企業名

神栄< 3004 >

本社所在地

〒651-0178 神戸市中央区京町77-1

会社情報HP

http://www.shinyei.co.jp/

設立

1887年5月24日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

繊維

同業他社

東レ<3402>、日清紡ホールディングス<3105>

沿革

1887年
当時の主力輸出品であった生糸市場新設のため、国立銀行の幹部を中心に「神栄会社」設立。国策に沿った事業を開始。

1893年
株式会社に改組し、社名を「神栄株式会社」に変更。

2009年
繊維事業の領域拡大のため、丸岡商事株式会社及び、有限会社ピーエムプランニングをグループ化。

2010年
食品事業の領域拡大のため、神栄アグリフーズ株式会社を設立。

事業内容

繊維・食品・物資の分野で、各種商品の卸売・小売及び輸出入取引を行うほか、電子関連製品の製造・組立を行う。

事業リスク

①取扱商品の品質にかかるリスク

当社グループは国内及び海外に生産・加工拠点を有しており、社会への貢献という当社グループの経営理念にもとづき、安全・安心のための品質基準を設けて、商品の品質管理には細心の注意を払い万全の体制をとっているが、食品の安全に関する問題など製造及び販売に関して予期しない何らかの問題が発生した場合は、当社グループの財政状態、経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

②自然災害などにかかるリスク

当社グループは国内を始めとして、中国、東南アジア、米国等の世界各国における事業を展開し、情報ネットワークを構築しており、自然災害、戦争、テロ、疾病、社会的混乱、公的規制の制約、情報システムトラブル等が発生した場合、その地域においては原材料購入、生産加工、製品の販売及び物流等に一時的な遅延や停止が生じる可能性があり、当社グループの財政状態、経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

③出退店にかかるリスク

当社グループの小売企業による出店については、集客の見込めるショッピングセンターへの出店が大部分を占めている。新規出店にあたっては、商圏、競合状況、売上予測、賃借条件、出店コスト等を検討し、収益性の見込める店舗に出店しているため、当社の出店条件に合致する物件の数が、当初の出店予定数に達しない場合がある。また、出店先の売上や集客力が予想値と乖離した場合や、他の競合するショッピングセンター等の出店により出店先の集客力が変化した場合には、出店した店舗の業績に影響を及ぼすことがある。出店後は店舗の損益管理を行い、業績改善の見込みのない不採算店舗については退店を行っているが、退店時には店舗閉鎖に伴う損失が発生する場合があり、当社グループの財政状態・経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

④法令及び規制にかかるリスク

当社グループの展開する事業は、食品衛生法、建築基準法など各種の法令および規制の適用を受けているが、法令および規制の変更により、当社グループの財政状態、経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

⑤為替及び金利の変動にかかるリスク

海外との事業における現地通貨建て取引に関しては、主要通貨間の為替レートの短期的な変動による影響を最小限に止めるために為替予約等によるリスクヘッジを行なっているが、短期及び中長期的な予測を超えた為替変動は、当社グループの財政状態、経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。また、当社グループの有利子負債は主に金融機関からの借入・社債により調達しているが、借入条件が変動金利のものや新たな資金調達に関しては、金利情勢の影響により業績が変動する可能性がある。

主力サービス

①繊維事業

・レッグウェア(ソックス)の製造・販売

②食品事業

・冷凍食品の製造・販売
・水産物の調達・加工・販売

③物資事業

・ベアリング、金属素材、建設機械、ガラスなどの開発・販売

④電子事業

・湿度計測関連機器、浮遊粒子計測機器、ハンディにおいモニターなど