企業名

メイテック< 9744 >

本社所在地

〒107-0052東京都港区赤坂8-5-26赤坂DSビル

会社情報HP

http://www.meitec.co.jp/

設立

1974年07月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス業

同業他社

白青舎<9736> CSP<9740> 丹青社<9743>

沿革

1974年
7月 株式会社名古屋技術センターを設立

1985年
1月 株式会社名古屋技術センターから株式会社メイテックに社名変更。

1987年
3月 名古屋証券取引所第2部上場

1991年
2月 東京証券取引所 第2部上場

1998年
9月 東京証券取引所 第1部に上場

事業内容

1)研究開発 2)設計・開発 3)解析・試験・評価

事業リスク

(1)社会的な信用等の確立 グループは、社員・顧客・株主・社会のそれぞれに提供する価値を高めていくことを経営方針として定め、社会倫理に反することなく健全で透明度の高い経営を行うことを重視している。経営の意思決定が、こうした観点からなされているかどうかをチェックし、そうでない場合には修正できる経営体制を常に強化していくことが、グループのコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方である。 企業が社会的な存在である以上、その企業活動は常に公の活動であり、その活動は広く社会に評価される事となる。しかしながら、コーポレート・ガバナンスに関する考え方に反して、問題発生した時点で能動的に経営体制を修正できなかった場合、あるいはコンプライアンスを軽視した行為や社会的倫理に反する行為等により、企業の社会的な信用等を失墜させた場合には、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。 グループは、自身でも常にコンプライアンスを徹底しているが、お客さまにも技術者派遣に関するコンプライアンスへの正しい理解を促す為に、コンプライアンス・キャンペーン等の啓蒙活動を続けている。 また、技術者派遣の業界全体の健全化等を目的とする一般社団法人日本エンジニアリングアウトソーシング協会(以下「NEOA」)の設立に参画するとともに、その活動にも積極的に参加している。 NEOAでは、技術者派遣業界のコンプライアンスを主眼とした活動を行う他、常用雇用型の労働者派遣事業の存在意義を広く認知して頂く為の活動も行っている。なお、代表取締役社長の西本甲介はNEOAの代表理事を務め、グループのみならず、技術者派遣業界全体のコンプライアンスの徹底等にも積極的に取り組んでいる。 しかしながら、グループ自身のみならず、労働者派遣事業を営む他社において、コンプライアンスを軽視した社会的倫理に反する行為等により、労働者派遣の業界全体に対する誤った認識が蔓延し、社会的な信用が失墜した場合には、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

派遣95%、エンジニアリングソリューション3%、グローバル0%、紹介1%