企業名

ラサ商事< 3023 >

本社所在地

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-11-5 RASA日本橋ビルディング

会社情報HP

https://www.rasaco.co.jp/

設立

1939年1月10日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

商社

同業他社

クボタ<6326>、小松製作所<6301>

沿革

昭和14年1月
ラサ工業株式会社の製品を販売する目的を以て、資本金10万円で東京都中央区京橋にラサ商事株式会社を設立。

事業内容

資源・金属素材関連事業、産機・建機関連事業、環境設備関連事業、化成品関連事業および不動産賃貸関連事業の5事業を柱に事業を展開している。

事業リスク

①商品市況の変動について

当社グループが資源・金属素材関連において取り扱う商品は、相場変動による商品価格リスクがある。当社グループでは、在庫として保有する期間を短縮させるとともに、商品によっては年間の販売量を事前に交渉するなどしてリスクを軽減しているが、短期的に想定以上の相場変動が生じた場合等には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②為替相場の変動について

当社グループの外貨建てによる販売、仕入については、為替相場の変動によるリスクを負っているが、当該リスクを減少させるために原則として取引契約成立の都度、為替予約を行っている。したがって、短期的な為替変動が当社の業績に与える影響は軽微なものであると考えられるが、想定以上の為替変動が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③経済・設備投資動向について

当社グループが産機・建機関連および環境設備関連において取り扱う商品は、製造業を主体とした顧客の工場や地方自治体等の運営する下水処理場等において主に使用されている。当該事業は機械や設備の販売のみならず、メンテナンス関連の需要も継続的にあること、また、製造業を主体とした民需においては、当社グループの顧客は幅広い業種に亘っていることから、一定の収益の安定性は確保できているものと考えているが、全般的な経済動向や設備投資動向の変化によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、当社グループが化成品関連において取り扱う商品は、自動車、建材、電気、電子分野などに幅広く素材を提供しており、国内外の経済動向の変化によっては、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④業績の季節変動について

当社グループの産機・建機関連および環境設備関連の業績は、販売先の設備投資予算の執行の関係により、売上高が第4四半期に偏重する傾向があり、利益についても第4四半期に偏重する構造となっている。

⑤自然災害等について

地震、洪水等の自然災害、事故やテロのような、当社グループが予測不可能な事により、インフラや下記の特定商品の依存先に壊滅的被害があった場合や当社グループの設備に被害が発生し、再構築の範囲が大規模となった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、当社グループの設備は、日常的および定期的に保守管理、安全対策を実施しているが、不慮の事故による物的、人的被害が生じた場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①資源・金属素材

・ミネラルサンド(ジルコンサンド、ジルコンフラワーなど)
・工業原料(フェロニッケル、リン酸など)
・耐火原料(安定化ジルコニア、未安定化ジルコニアなど)

②ポンプの販売

・ワーマンポンプ
・ヒドロスタルポンプ
・NSポンプ

③産業設備機器の販売

・バルブ
・ミキサー
・破砕機・スクリーン

④環境プラント設備の販売

・水砕製造プラント
・パラ・エコ・リサイクリングシステム

⑤建設・土木機器の販売

・掘進機
・酸素・ガソリン溶断トーチ
・全自動パイプカッター