企業名

ビックカメラ< 3048 >

本社所在地

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-10-1

会社情報HP

http://www.biccamera.co.jp/bicgroup/index.html

設立

1980年11月21日

上場市場

東証1部

決算

8月

業種

小売業

同業他社

ヤマダ電機<9831>、エディオン<2730>

沿革

昭和43年3月
創業者である新井隆二氏が、群馬県高崎市中大類町に株式会社高崎DPセンターを設立した。その後、カメラ販売部門を分離し、株式会社ビックカラー(昭和53年5月、株式会社ビックカメラ(高崎)に商号変更)を設立

昭和53年5月
カメラ及び関連商品の販売拡大を目指し、東京都豊島区西池袋に東京支店を開設した。

昭和55年11月21日
東京での業容拡大を目指し、東京都豊島区西池袋に株式会社ビックカメラを設立し、株式会社ビックカメラ(高崎)の東京支店を引き継ぎ、自社店舗として事業を開始した。

事業内容

カメラ、テレビ、レコーダー、ビデオカメラ、オーディオ等の音響映像商品、冷蔵庫、洗濯機、調理家電、季節家電、理美容家電等の家庭電化商品、パソコン本体、パソコン周辺機器、パソコンソフト、携帯電話等の情報通信機器商品及びゲーム、時計、中古パソコン等、スポーツ用品、メガネ・コンタクト、酒類・飲料物等のその他の商品の物品販売を主な事業としている。

事業リスク

①新規出店について

当社グループは、集客力の高い主要ターミナル駅前及び幹線道路を中心に店舗展開を行っていく方針だが、対象地域の商圏人口や将来性、乗降客数等に加え、物件そのものの規模、立地、競合条件や出店条件等を総合的に勘案の上、慎重に検討する必要があることから、諸条件を満たす物件が確保できず、出店計画に変更、延期等が発生した場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性がある。

②出店地域について

平成25年8月31日現在、当社グループは、当社が34店舗、株式会社コジマが178店舗、株式会社ソフマップが34店舗、株式会社ビックアウトレットが3店舗、合計249店舗を展開しているが、店舗は首都圏を中心に関東地方に出店が集中している。そのため、当該地域において地震等の大災害やその他の不測の事態が発生し、店舗運営に支障が生じた場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に重大な影響を与える可能性がある。

③季節的要因について

当社グループが販売している商品のうちの家庭電化商品の中には、冷暖房器具等のいわゆる季節商品があるため、冷夏や暖冬等の異常気象により季節商品の需要が著しく低下した場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性がある。

④競合について

当社グループでは、価格競争力のみならず、品揃えやサービス、また人材育成の強化により、他社との差別化に努めているが、同業他社との競争が更に激化した場合には、当社グループの経営成績に影響を与える可能性がある。

⑤大規模小売店舗立地法について

当社グループは全国主要ターミナル駅前及び幹線道路を中心とした店舗展開を行っているが、売場面積が1,000㎡超の新規店舗出店、又は既存店舗の増床を行う場合には、「大規模小売店舗立地法」の規定に基づき、当該地域の生活環境保持のために、都道府県、政令指定都市を主体とした一定の審査を受ける必要がある。当社グループが今後行う新規店舗出店、又は既存店舗の増床は基本的には同法の対象となると認識しており、地域住民、地方自治体との調整を図りながら地域環境を考慮した建物の構造、運用を図る等同法を遵守する。今後、同法の審査の進捗状況によっては新規店舗出店、又は既存店舗の増床計画の遅延等により当社グループの出店政策に影響を及ぼし、経営成績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

①家電製品の販売

冷蔵庫、エアコン、暖房機器、パソコン、掃除機、照明機器、カメラなど

②プライベートブランド展開

・ブルーライトカットメガネ「BIC PC」

③専門サービス

・写真サービス(現像・加工)
・フォトスタジオ「東京写真館」
・買取サービス

④店頭サポートサービス

・PCデジタルサポート:パソコン設定など
・スマホサポート:基本設定、アドレス帳移行など
・家電製品の設置工事・修理