企業名

共同印刷 < 7914 >

本社所在地

〒112-8501東京都文京区小石川4-14-12

会社情報HP

http://www.kyodoprinting.co.jp/

設立

1918年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

凸版印刷<7911> 大日本印刷<7912> 図書印刷<7913>

沿革

1897 (明治30)年
博文館主大橋佐平、自社の書籍・雑誌を印刷するため、共同印刷 の前身である博文館印刷工場を京橋区竹川町(現銀座6丁目)に創設。

1898 (明治31)年
小石川区久堅町(現本社所在地)に移転し、合資会社博進社工場 と改称。

1918 (大正7)年
博文館印刷所を株式会社に改組。

1925 (大正14)年
博文館理事大橋光吉が創設した美術印刷中心の精美堂と合併し て、共同印刷株式会社を設立。社長大橋光吉。これにより総合印刷会社として、大量 生産体制を確立。

事業内容

出版商印事業、ビジネスメディア事業、生活・産業資材事業、他事業

事業リスク

(1) 印刷需要の変化について
当グループの売上高の大部分は、企業・団体及び官公庁向け印刷物となっており、 ペーパーレス化などの進展により印刷需要が大きく変化した場合は、当グループの業 績に影響を及ぼす可能性がある。

(2) 業務提携、投資、企業買収の可否
業務提携、投資、企業買収等は事業の成長性向上のために重要な活動であり、最大 限の成果を上げるためにさまざまな角度から検討してその可否を決定している。しかし ながらその成果は提携先の動向、投資先の業績、買収先の財務内容等に依存する部 分があり、当初の目的が果たせない場合は当グループの業績に影響を及ぼす可能性 がある。

(3) 価格競争について
グループが事業を展開する市場の一部は、競争の激化により受注価格の低下が進ん でいる。グループは、付加価値の高い製品の開発とコスト削減による利益の確保に努 め、価格低下に対応していく方針であるが、さらなる競争の激化により今後の業績に 影響を及ぼす可能性がある。

(4) 原材料費の高騰について
グループの使用する主要な原材料には、その価格が市況により変動するものがある。 それら主要原材料の価格が高騰し、原材料以外のコストの削減でカバーできない場 合や、販売価格に転嫁できない場合、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある 。

(5) 原材料の調達について
原材料に関しては、調達先が災害などにより被害を受け、調達の遅延又は停止が発 生した場合、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

出版商印48%、ビジネスメディア29%、生活・産業資材21%、他2%