企業名

菱電商事< 8084 >

本社所在地

〒170-8448東京都豊島区東池袋3-15-15

会社情報HP

http://www.ryoden.co.jp/

設立

1947年04月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

阪和興業<8078>正栄食品工業<8079>カナデン<8081>

沿革

1947年
(株)利興商会・(株)大興商会創立

1952年
(株)利興商会と(株)大興商会が合併、商号は(株)利興商会

1958年
(株)利興商会を菱電商事(株)に商号変更。

1963年
株式を東京証券取引所市場第2部に上場。

1991年
東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。

事業内容

1.次の物品の製造、売買及び輸出入業
1. 電気機械機具、電子機器及び通信機器
2. 建設機械、工作機械、輸送機械、事務用及び民生用機械 機具、その他一般機械機具
3. 計測器、医療器械機具、その他精密機械機具
4. 金属・金属製品、繊維製品、木材・木製品、紙・紙製品 、化学製品、石油製品、ゴム製品、土石・窯業製品
5. 日用品雑貨、油脂、燃料、農水産物、飲食料品

2. 前号物品の開発、加工、修理、賃貸借、請負業及び運送業

3. 建設業

4. 不動産の売買、賃貸借及び管理業

5. 前各号の代理業、仲立業及び問屋業

6. 労働者派遣業

7. 発電及び電力の供給事業

8. 古物売買業

9. 前各号に関連する事業

事業リスク

①経済状況グループの営業収入のうち、重要な部分を占める半導体・ デバイス商品は、主に民生用エレクトロニクス製品等に搭載されており、グループが商品供給している顧客の主要市場における景気後退及びそれに伴う需要の縮小は、グルー プの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

②為替レートの変動
グループの事業には、海外顧客への商品供給及び海外仕入先からの調達がある。 各地域における売上・費用・資産を含む現地通貨建の項目は、連結財務諸表の作成のために円換算されている。決算時の為替レートにより、これらの項目は 現地通貨における価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が影響を受ける可能性がある。グループは、先物為替予約等による通貨ヘッジ取引を行い、米ドル及び円を含む主要通貨間の為替レートの短期的な変動による影 響を最小限に止める努力をしているが、必ずしもこれを全面的に回避できるものではない。中長期的な通貨変動により、計画された調達及び商品供給を実行できないことや、 予定された利益の確保ができない場合があるため、為替レートの変動はグループの業績及び財政状況に影響を及ぼす 可能性がある。

③価格競争及び競合
グループは、国際的なマーケットで展開している国内外の製造業者及び商社と競合している。グループが取り扱う部材・商品は、価格及び品質等において 競争力を有していると確信しているが、これら競争力の状況によっては、グル ープの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

④カントリーリスク
グループは、海外の部材・商品の取り扱い等、海外において多くの取引を行っているので、関係する諸外国の予期しない法律又は規制の変更、不利な政治又は経済要因及び潜在的に不利な税影響等のカントリーリスクがある。

⑤新事業の展開
グループは、国内外の最先端技術商品の取り扱いの拡充を図り、市場の構造変化へ対応してまいるが、その中で過去に取り扱ったことのない部材・商品やサービスの提供を新たに取り組むことも予定している。

主力サービス

FA・環境システム30%、半導体・デバイス70%