企業名

宝印刷 < 7921 >

本社所在地

〒171-0033東京都豊島区高田3-28-8

会社情報HP

http://www.takara-print.co.jp/

設立

1960年4月

上場市場

東証1部

決算

5月

業種

その他製品

同業他社

光村印刷<7916> 野崎印刷紙業<7919> 三浦印刷<7920>

沿革

1952年 株式会社宝商会創業(港区桜田町)

1960年 宝印刷株式会社設立

1968年 豊島区高田に本社社屋建設・移転

1986年 株式店頭登録(株式公開)

1998年 東京証券取引所市場第二部に上場

2003年 東京証券取引所市場第一部銘柄指定を受ける

事業内容

・ディスクロージャー並びにIR関連物のコンサルティング、制作、印刷

・ディスクロージャーに関連するソフトウェアの開発と販売

・ディスクロージャーに関するセミナーの開催、書籍の出版

事業リスク

①情報の管理
取扱うお客様のデータの中には、インサイダー取引規制に該当するものも含む開示前 機密データや個人情報があり、万一情報漏洩や情報流出が生じた場合は、信用及び 業績に影響を与える可能性がある。このため、プライバシーマーク認証の取得や情報 セキュリティに対応するためのISMS認証を範囲を限定して取得するなど、システムと 運用の両面で整備、強化するとともに、インサイダー取引管理規程をはじめとする諸 規程を制定し、従業員教育を徹底するなど機密保持に努めている。顧客に対するサ ービス内容は、近年、有価証券報告書などの電子開示制度EDINETをはじめとした ディスクロージャーのIT化の流れを踏まえ、IT技術を有効に活用したものとなってきて いる。そのため、当社は情報漏洩の事故防止の観点から顧客の情報セキュリティの確 保を最重要課題と位置づけ、より強固な管理体制の構築に努めている。

②ディスクロージャー関連法令等の改正及び会計基準の変更による影響 主要事業であるディスクロージャー関連書類の多くは、金融商品取引法及び会社法 に基づいて作成されているが、近年は投資家保護の観点等から、より適切な開示内 容が求められ、法律や関連する諸制度の改正が頻繁に行われている。また、わが国 の会計基準はIFRSとのコンバージェンスを進めており、ここ数年の間に数多くの改定 が行われ、現在、強制適用の是非・時期・対応等について検討されている。これらの 改正等により、が受注しているディスクロージャー関連書類は、記載内容の変更等に 伴いページ数や必要部数の増減が生じるなど、の売上に影響を与えることがある。ま た、金融商品取引法上の開示書類のXBRL化など、ディスクロージャーの開示手段及 び方法も度々変更されている。このような改正の動向を一早く把握し、対応策を素早く 講ずることができるよう、日頃よりディスクロージャー制度や会計基準に関するあらゆる 情報を収集し、対応するため、社内組織として総合ディスクロージャー研究所を設置 するとともに従来からのセクションとの連携により対応している。

主力サービス

金融商品取引法関連39%会社法関連23%IR関連27%他11%