企業名

前澤化成工業 < 7925 >

本社所在地

〒103-0023東京都中央区日本橋本町2-7-1NOF日本橋本町ビル

会社情報HP

http://www.maezawa-k.co.jp/

設立

1954年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

化学

同業他社

KIMOTO<7908> シーアイ化成<7909> 藤森工業<7917>

沿革

昭和29年 硬質エンビ工業株式会社設立

昭和36年 商号を前澤化成工業株式会社に変更

平成5年 株式を日本証券業協会に店頭登録

平成12年 株式を東京証券取引所市場第二部に上場

平成13年 株式を東京証券取引所市場第一部に上場

事業内容

上・下水道関連製品及び環境機器製品の製造・販売

事業リスク

(1)経営成績の変動要因について

①新設住宅の着工動向、公共投資の実施動向について
グループが取扱っている製品は、主として、住宅の水回り、或いは治水工事並びに上 下水道の整備に関連した公共事業等で用いられることから、新設住宅の着工動向、 公共事業の実施動向などによって、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があ る。

②原材料市況の動向について
グループでは、原材料市況の変動に応じて、販売価格への転嫁を進めているものの、 販売先との価格交渉の結果、販売価格への転嫁が十分に図れない場合、グループの 経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

③競合について
グループが取扱っている製品のうち汎用製品については、品質面での差別化が難し く、良い価格条件を提示した相手先から調達される傾向がある。特に規格品を製造す る同業会社との間で、販売価格競争が激化した場合には、グループの経営成績に影 響を及ぼす可能性がある。

④工場の稼動について
グループでは更なる生産能力の増強、生産の効率化などを目的として工場を稼動し ているが、製品需要の低迷など、工場の十分な稼働率を確保できない状況となった場 合、減価償却費負担等によって、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある 。

⑤大規模災害による影響について
グループの生産拠点である工場で、大規模災害が発生した場合、製品の生産に支障 が生じ、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)法的規制について
グループで取扱っている上下水道関連製品のうち、硬質塩化ビニル管、給排水用の 継手、給水器具類は「水道法」・「下水道法」、浄化槽は「浄化槽法」、水処理装置等の 工事については「建設業法」の規制を受けており、また、「住宅性能表示制度」では、 住居の水回り関連の製品が性能評価の対象となっている。これらの関連する各法令が 強化されることによって、高品質・高規格の製品を供給するための新たな技術力や生 産設備が必要となる。一方、規制が緩和されるような場合においては、後発他社の新 規参入も容易となるため、品質や機能はもとより、価格面においても競争が高まる。

主力サービス

住環境改善製品90%、環境・住設関連10%