企業名

ウエルシアホールディングス< 3141 >

本社所在地

〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-9 相鉄神田須田町ビル

会社情報HP

http://www.welcia.co.jp/

設立

2008年9月1日

上場市場

東証1部

決算

8月

業種

小売業

同業他社

マツモトキヨシホールディングス<3088>、サンドラッグ<9989>

沿革

ウエルシア関東株式会社と株式会社高田薬局が、株式移転の方法によりグローウェルホールディングス株式会社を設立。

2012年9月
「ウエルシアホールディングス株式会社」に商号変更。

事業内容

「ドラッグストア」を基本として、医薬品・衛生介護品・ベビー用品、家庭用雑貨、健康食品、食品等の販売を主たる事業とする。

事業リスク

①「薬事法」等による規制について

当社グループは、「薬事法」上の医薬品を販売するにあたり、各都道府県等の許可・登録・指定・免許及び届出を必要としている。また、酒類、たばこ、食品等の販売についても、食品衛生法等それぞれの関係法令に基づき、所轄官公庁の許可・免許・登録等を必要としているため、今後、当該法令等の改正により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②医薬品の販売規制緩和について

医薬品の販売規制緩和については、平成18年6月8日に「薬事法の一部を改正する法律(公布日:平成18年6月14日、施行日:平成21年6月1日)」が成立している。当法律によれば、一般用医薬品についてリスクの程度に応じて3グループに分類され、このうちリスクの低い2つのグループについては、本法律により新設された「登録販売者」の資格を有する者がいれば、薬剤師が不在であっても販売を行うことが可能になっている。このような規制緩和による一般小売店での医薬品販売の自由化に加え、医薬品のネット販売解禁により異業種との競争が激化した場合には、今後の当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③出店に関する規制緩和について

「大規模小売店舗立地法」においては、売場面積が1,000㎡超の新規出店及び既存店の変更については、届出が義務づけられている。当社グループは、売場面積1,000㎡未満の店舗を基本方針として出店しているが、平成25年8月末日現在、当社グループにおける売場面積1,000㎡超の店舗は52店舗となっているため、例外的に1,000㎡超の店舗を出店する場合もあり、この場合は「大規模小売店舗立地法」により、出店近隣住民及び地元小売業者との調整を図る事が必要となる可能性があり、上述の法的規制等により計画通りの出店ができない場合は、今後の当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④出店政策について

当社グループは、平成25年8月末日現在で874店舗の運営をしており、業容拡大には、店舗数の拡大が大きく寄与している。新規出店する場合には、常に個別店舗の採算を重視しており、当社グループの出店条件に合致する物件がなければ、出店予定数を変更することがあるため、当社グループの業績見通しに影響を及ぼす可能性がある。

⑤薬剤師不足問題について

薬局(ドラッグストアを含む)では、薬事法により店舗ごとに薬剤師の配置が義務付けられており、また、調剤業務は薬剤師が行わなければならないが、薬剤師の採用確保は業界全体の課題であり、薬剤師の確保が予定通りできない場合は、当社グループの出店計画に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①ドラッグストア事業

「ウエルシア薬局」運営

②介護サービス事業

・居宅介護支援
・訪問介護
・福祉用具販売、レンタル

③ネットショップ事業

「ウエルシアドットコム」運用