企業名

アシックス < 7936 >

本社所在地

〒650-8555神戸市中央区港島中町7-1-1

会社情報HP

http://www.asics.co.jp/

設立

1943年5月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

ニッピ<7932> メルクス<7934> コンビ<7935>

沿革

1949年(昭和24年)3月
鬼塚商会発足

1949年(昭和24年)9月
鬼塚商会を改組し、鬼塚株式会社(神戸市)を設立

1958年(昭和33年)7月
鬼塚株式会社、東京鬼塚株式会社をオニツカ株式会社に吸 収合併、生産・販売を一体化し、東京鬼塚株式会社本社を東京支店と改称

1963年(昭和38年)6月
額面変更のため、中央産業株式会社(昭和18年5月27日設 立)へ、オニツカ株式会社を吸収合併、直ちに商号をオニツカ株式会社に変更

1964年(昭和39年)2月
神戸証券取引所に上場

1964年(昭和39年)4月
大阪証券取引所市場第二部に上場

1972年(昭和47年)5月 1974年(昭和49年)6月
東京・大阪証券取引所市場第一部に指定替え

1977年(昭和52年)7月
商号を株式会社アシックスに変更し、株式会社ジィティオおよ びジェレンク株式会社と合併により、縫製7工場(福井、武生、若狭(のちに資本関係 消滅)、山 口(のちに清算)、北九州、大牟田、宮崎)およびジェレンクU.S.A.,Inc.(の ちに商号をアシックススポーツオブアメリカINC.に変更)などを 引継ぐ

事業内容

各種スポーツ用品等の製造および販売

事業リスク

(1)グローバル市場における事業拡大に伴うリスク
グループは、世界5極体制のもと、グローバルに事業展開を行っており、さらに拡大を 目指している。生産につきましても、スポーツシューズ類においては、東南アジアなど 他地域での生産を進めているが、主に中国の協力工場において製造しており、スポー ツウエア類につきましても海外生産の拡大を目指している。これらのグローバルでの事 業拡大には、販売・生産両面において、以下に掲げるリスクが内在しており財政状態 および経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

① 政治・経済情勢の変化、予期しない法律または規制の変更、テロ・戦争・その他の 社会情勢の混乱、自然災害・伝染病の流行、製品不良の発生、消費者の好みの変動 などのリスク。

② 海外の人権団体、NGOによる活動の活発化により、海外生産工場での労働環境 や労働条件等が国際的な問題とされ、事実関係にかかわらずインターネットのウェブ サイトなどを通じてグループが批判されることによる企業イメージと製品イメージを損な うリスク。

(2)為替レートの変動に伴うリスク

グループは、グローバルで製品の製造販売を行っている。各地域における現地通貨 建の財務諸表を円換算して連結財務諸表を作成しており、換算時の為替レートにより 、もとの現地通貨の価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値に影響が出る可 能性がある。製品仕入につきましては大部分を米ドル建で行っており、米ドルに対す る他通貨の為替レートの変動などに伴う製造原価の上昇などにより、財政状態および 経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。また、グループは、実需の範囲内で短期 および長期の為替予約取引により、為替変動リスクを一定程度まで低減する方針で取 り組んでいるが、必ずしも為替リスクを完全に回避するものではない。

(3)製造物責任に関するリスク

主力サービス

スポーツシューズ類76%スポーツウェア類17%スポーツ用具類6%