企業名

ローランド < 7944 >

本社所在地

〒431-1304浜松市北区細江町中川2036-1

会社情報HP

http://www.roland.co.jp/

設立

1972年4月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

リーガルコーポレーション<7938> 研創<7939> ウェーブロックホールディングス<7940>

沿革

1972年 資本金3,300万円で大阪市に設立

1989年 大証第2部に上場。

1993年 本社を大阪市北区堂島浜に移転

1999年 東証第1部・大証第1部に上場

2005年 本社を浜松市細江町(現 浜松市北区細江町)に移転

事業内容

電子楽器、電子機器およびそのソフトウェアの製造販売ならびに輸出入

事業リスク

(1)経済状況
グループ製品の需要は、グループが製品を販売している国又は地域の経済状況の影 響を受ける。グループ製品は生活必需品ではなく、景気後退局面では不要不急の支 出として需要が減少し、グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

(2)為替レート
グループは世界各国において生産及び販売活動を行っている。このため、グループ の業績と財務状況は、生産地と販売地の通貨が異なるため、常に為替変動の影響を 受ける。この為替変動リスクを軽減するため、先物為替予約を含むデリバティブ取引に よるリスクヘッジを行っているが、為替変動リスクを完全に回避できる保証はない。また グループが生産を行う地域の通貨価値の上昇は、その地域における製造コストを増加 させる可能性がある。製造コストの増加は、グループの利益率と価格競争力を低下さ せ、グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。グループが連結財務 諸表を作成するにあたっては、在外子会社の現地通貨建て財務諸表を本邦通貨に 換算するため、適用される為替レートの変動が連結財務諸表の報告金額に影響を与 える。

(3)新製品開発力
グループは電子技術をベースとした革新的な新製品を開発し、新たな需要を喚起す ることによって各製品分野における優位性を保っている。そのため、グループが市場 の変化を十分に予測できず、市場ニーズに合った新製品を開発できない場合、ある いは新製品の市場投入のタイミングを逸した場合は、グループの業績と財務状況に影 響を及ぼす可能性がある。

(4)品質問題
グループの製品は世界的に認められている品質管理基準に従って製造されている。 しかし、大規模なリコールや製造物責任賠償につながるような品質問題が発生する可 能性は皆無ではなく、その場合、グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性 がある。

(5)知的財産
グループの保有する独自技術、ノウハウ、デザイン等の知的財産を完全に保護するこ とは困難であり、の知的財産を不当に使用した低価格の類似商品、模造品並びにソフ トウェア製品の不法コピーを効率的に防止できない場合、グループ製品が市場シェア を維持できなくなる可能性がある。一方でグループが他社の権利を侵害することがな いよう細心の注意を払ってはいるが、訴訟に巻きこまれる可能性も皆無ではなく、係争 費用や敗訴した場合の賠償金等の発生によりグループの業績と財務状況に影響を及 ぼす可能性がある。

主力サービス

電子楽器51%、コンピュータ周辺機器49%