企業名

クリナップ < 7955 >

本社所在地

〒116-8587東京都荒川区西日暮里6-22-22

会社情報HP

http://cleanup.jp/

設立

1954年1月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

ヤマハ<7272> 河合楽器製作所<7952> 菊水化学工業<7953>

沿革

1949年(昭和24年)
東京都荒川区で個人経営の欅材の座卓製造販売を開始

1960年(昭和35年)
井上工業(株)に改称しステンレス流し台の製造販売を開始

1983年(昭和58年)
クリナップ(株)に商号変更

1990年(平成2年)
東京証券取引所市場第2部に上場、本社新社屋が完成

1991年(平成3年)
東京証券取引所市場第1部に指定替え

事業内容

1. 厨房機器、浴槽機器および洗面機器等の住宅設備機器の製造販売

2. 建築材料、鋼構造物および金属製機械器具の製造販売

3. 医療機器類の販売

4. 前各号に付帯する工事の設計、施工、請負および監理

5. 前各号に関連する清掃、保守、点検、修理およびコンサルティング

6. 不動産の売買、賃貸、管理および土地造成

7. 一般貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業および倉庫業

8. 労働者派遣事業および有料職業紹介業

9. 損害保険代理業および生命保険の募集に関する事業

10. 介護保険法による指定居宅介護支援事業および居宅サービス事業、居宅介護福 祉用具の販売ならびに居宅介護住宅改修事業

11. 有料老人ホームの経営

12. 食料品の製造および販売、酒類、飲料、事務用機器、事務用品、日用品雑貨の 販売

13. 書籍の出版および販売

14. 情報システムの企画、開発、管理運営およびコンサルティングならびにソフトウエ アの企画、開発および販売

15. 旅行代理店業

16. マッサージ業および鍼灸院の経営

17. 宿泊施設の経営

18. 前各号に付帯する一切の事業

事業リスク

(1)経済状況
グループの営業収入のほとんどが国内需要によるものであり、国内の経済状況の影響 を受けます。国内景気後退による新設住宅着工戸数、特に持家の着工戸数が著しく 減少した場合、期待されるリフォーム需要への対応が万一不十分となった場合は、グ ループの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、原材料価格が高騰した場合につ いても、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)価格競争
システムキッチンをはじめとする住宅設備機器業界における競争は、新設住宅着工戸 数の減少もあり、非常に厳しいものとなっている。グループは、高品質、高付加価値の 新商品を開発できるメーカーであると考えているが、技術的に追随することも比較的容 易なこともあり、短期間に類似商品が販売されるため、将来においても有効に競争で きる保証はない。競合他社が、類似商品をより低価格で導入し、価格競争が激化した 場合、収益面に影響を与える可能性がある。

(3)製品の欠陥
グループは、世界的に認められている品質管理基準に従って製品を製造しているが、 全ての製品について欠陥が無く、将来リコールが発生しないという保証はない。万一、 大規模なリコールが発生した場合、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(4)退職給付債務
グループの従業員退職給付費用及び退職給付債務は、主に割引率等数理計算上で 設定される前提条件や年金資産の期待運用収益率に基づいて算出されている。実際 の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合、その影響は、数 理差異として認識され、将来(認識後10年)にわたって償却費用と計上される債務(退 職給付引当金)に影響を及ぼする。平成22年3月31日において割引率の変更 (2.5%→1.7%)を行っているが、一層の割引率の低下、運用利回りの悪化は、グルー プの業績に影響を及ぼす可能性がある。また、グループ内には、を含め7社が総合設 立型厚生年金基金に加入しており、その財政状態が著しく悪化した場合、グループ会 社に相当の負担が生じ、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

厨房77%浴槽・洗面18%他5%