企業名

イワキ< 8095 >

本社所在地

〒103-8403東京都中央区日本橋本町4-8-2

会社情報HP

http://www.iwaki-kk.co.jp/

設立

1941年09月

上場市場

東証1部

決算

11月

業種

卸売業

同業他社

ニチモウ<8091>極東貿易<8093>中道機械<8094>

沿革

大正3年7月(1914)
薬種問屋岩城市太郎商店創業

昭和14年11月(1939)
大阪出張所が独立採算制の岩城薬品(株)として発足

昭和16年9月(1941)
株式会社岩城商店に改称

昭和38年3月(1963)
イワキ株式会社に改称

昭和38年7月(1963)
東京証券取引所第二部上場

昭和39年6月(1964)
大阪証券取引所第二部上場(平成 16年1月上場廃止 )

平成17年1月4日(2005)
東京証券取引所第一部上場

事業内容

医薬品事業、医薬品原料・香粧品原料事業、化成品事業、 食品原料・機能性食品事業、その他

事業リスク

①法的規制リスク
グループの取り扱っている医薬品については、薬事関連規 則等に服し、また、医薬用外毒物劇物は、毒物および劇物取締法に服しており、厳重な管理のもと、その保管・販売を行っている。グループはそれらに適切に対応できる仕組み、体制を構築して事業をおこなっているが、万一、対応 を誤る事態が生じた場合には、事業活動に制限を受ける可能性がある。

②取引先の債務不履行リスク
グループの取引先では、企業間競争がるる激化しており、 また昨今の厳しい経済情勢のなかで淘汰される企業が今後増えてくるものと思われる。グループは債権管理を強化し て債権の貸倒リスク等を低減しているが、万一、取引先の 破産、民事再生等による債務不履行が発生した場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

③主要取引先の再編
グループの主要取引先において、今後、合併・統合といっ た再編が加速した場合、その動向如何によっては、の販売額に影響を及ぼす可能性がある。

④製造物責任グループは、各種製品を輸入および生産している。現在、 社内で確立した基準のもとに、厳しい検査体制を整えるな ど、品質と信頼性の維持確保に努めている。更に製造物責任賠償保険にも加入している。しかしながら、万一、製品 が予期せぬ不具合を起こした場合、製造物責任に関する対処あるいはその他の義務に直面する可能性があり、また、そのコストが保険等による補償ができない場合、グループ はそのコスト負担に加え、グループの業績と財政状態に影 響を及ぼす可能性がある。

⑤システムトラブル
グループの事業活動は、コンピュータシステムに大きく依存している。システムトラブルの発生や外部からの不正手段による侵入等に対しては、セキュリティ機能の充実やバックアップ機能の確保に努めているが、大規模な災害や事故の発生、コンピュータウイルスの侵入等によっては物流 および販売等の事業活動に支障を及ぼす可能性がある。

主力サービス

医薬品33%、医薬品原料・香粧品原料30%、化成品15%、 食品原料・機能性食品15%、他7%