企業名

三愛石油< 8097 >

本社所在地

〒140-8539東京都品川区東大井5-22-5オブリ・ユニビル

会社情報HP

http://www.san-ai-oil.co.jp/

設立

1947年01月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

極東貿易<8093>中道機械<8094>イワキ<8095>

沿革

昭和27年6月
石油製品の販売を目的として、三愛石油株式会社の商号でスタンダード・ヴァキューム石油会社(現EMG マーケティング合同会社の前身)の代理店として発足
本店を東京都中央区銀座五丁目2番地に置く(資本金1,000万円)

昭和36年10月
東京証券取引所第二部に上場

昭和43年8月
東京証券取引所第一部に指定替上場

事業内容

・一般石油製品

・LPガス等の販売

・ガス事業法に基づくガス導管事業、大口ガス事業、一般 ガス事業、および簡易ガス事業によるガスの供給 ・航空 燃料の保管および航空機への給油

・一般石油製品の保管およびこれに伴う業務 (航空機給 油施設に関するコンサルタントおよび設計施工) ・防腐・防カビ剤、消火剤、その他化学薬品の販売

・省エネ関連機器の販売およびこれに伴う業務 ・発電および売電に関する事業

事業リスク

(1)事業機会に関連するリスク
福岡県久留米市から佐賀県佐賀市までの佐賀天然ガスパイプラインの建設やキグナス石油株式会社および國際油化株式会社の全株式取得にかかる資金調達を実施し、また、グ ループの佐賀ガス株式会社が実施した都市ガス事業の譲受 けやその後の熱量変更および経年配管の取替工事にかかる資金調達に対し、連帯保証をおこなっている。このため、これらの事業が計画どおりに推移しない場合には、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

(2)事業活動の遂行に関連するリスク
①災害等 グループは、羽田空港における航空機給油施設、東京オイ ルターミナルやキグナス石油株式会社における石油製品出 荷基地、福岡県久留米市から佐賀県佐賀市までの佐賀天然 ガスパイプライン、また日本各地に所在する給油所や充填所など危険物取扱設備を有している。これらの安全管理・ 保安体制については万全を期しているものの、通常では予見出来ない事故や自然災害等が発生した場合には、燃料の 物流機能に障害を及ぼしグループの経営成績および財政状 態に影響を及ぼす可能性がある。
②退職給付関係 グループは、退職給付制度に関して、厚生年金基金の代行部分を返上しキャッシュバランス類似制度による確定給付 企業年金へ移行している。これにより、旧制度に比べ資産 運用にともなうリスクを軽減しているが、運用資産がマー ケットの変動などにより著しく悪化した場合、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。
③保有有価証券経済の状況や株式市場の変動により、グループの保有する有価証券の価格が著しく下落した場合には、保有株式の評 価損が発生し、グループの経営成績および財政状態に影響 を及ぼす可能性がある。
④原油価格および石油製品の市況グループは、燃料油およびLPガスを主力商品としているが 、わが国においては、その大部分は輸入に依存しており、 原油価格および為替レートの動向により仕入価格が変動する。また、産油国周辺地域での紛争など、政情の動向が原油価格に与える影響も小さくない。こうしたなかで、グル ープは仕入価格に対応した販売価格の設定を常に目指しているが、製品市況は国内の需要動向や同業者間の競争により必ずしもコストに連動しない場合があり、こうした製品 市況の変動が、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

石油関連92%、ガス関連7%、航空関連他1%