企業名

天馬 < 7958 >

本社所在地

〒115-0045東京都北区赤羽1-63-6

会社情報HP

http://www.tenmacorp.co.jp/info/outline/

設立

1949年8月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

化学

同業他社

JSP<7942> エフピコ<7947> 日本デコラックス<7950>

沿革

1949年 (昭和24年)
太洋商事株式会社として創業。

1954年 (昭和29年)
欧米で急速に発展したプラスチック産業への特化を図り、天馬合 成樹脂株式会社に社名を変更。

1988年 (昭和63年)
東京証券取引所第二部に上場。

1991年 (平成3年)
東京証券取引所第一部に上場。

1993年 (平成5年)
現本社ビル竣工にともない、現本社に移転。

事業内容

プラスチック製品(家庭用品、自動車部品、OA機器部品、メディアケース、物流・農水 産用資材、飲食用資材、建築資材など)の製造および販売

事業リスク

(1)市場環境変動のリスク
グループは、日本国内及びアジアで製品、部品、金型等を販売し、主要需要先である 小売、電機・電子、自動車等の各業界は日本、アジア、欧州、米州等の様々な国・地 域に最終製品を販売している。したがって、これらの国・地域の経済状況の変化や主 要需要先業界の需要動向は、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性 がある。

(2)原材料価格変動のリスク
グループの事業の原材料価格は、原油価格の動向に大きく左右されます。原油価格 が高騰し原材料価格が上昇して、製品売価への転嫁に遅れが生じるような場合には、 グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

(3)株価変動のリスク
グループは、上場株式を保有しているので株価変動の影響を受けます。株式市場は 世界的な金融不安や東日本大震災を契機とする大幅な落ち込みから回復傾向を見 せているが、先行き不透明感も残っている。したがって、今後著しい株価下落が生じる 場合には、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

(4)為替レート変動のリスク
グループは、中国(含む香港)、ベトナム、タイ、インドネシアに子会社を展開している。 これらの子会社の売上、費用、資産及び負債等の現地通貨建て項目は、連結財務諸 表の作成のため円換算されている。これらの項目は換算時の為替レートにより、現地 通貨の価値が変わらなかったとしても、円換算後の価値が変動する。この結果、グル ープの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

(5)海外事業のリスク
グループは、中国(含む香港)、ベトナム、タイ、インドネシアに子会社を保有している。 それらの国において、今後、予期しない法律または規制の変更、政治または社会経済 状況の変化等により、原材料の購入、生産、製品の販売等に遅延や停止が生じる可 能性がある。このような場合にはグループの事業活動に支障が出て、業績及び財務 状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

ハウスウエア合成樹脂関連23%工業品合成樹脂関連76%他1%