企業名

グローブライド < 7990 >

本社所在地

〒203-8511東京都東久留米市前沢3-14-16

会社情報HP

http://www.globeride.co.jp/

設立

1945年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

コクヨ<7984> 日本アイ・エス・ケイ<7986> ナカバヤシ<7987>

沿革

1955年
リール(主として輸出用)の製造開始(社名:松井製作所)

1958年
東京都中野区に「大和精工株式会社」を設立

1969年
商号を「ダイワ精工株式会社」に変更

1970年
東京証券取引所市場第2部上場

1976年
東京証券取引所市場第1部上場

2009年
}商号を「グローブライド株式会社」に変更

事業内容

釣用品、ゴルフ用品、テニス用品、サイクルスポーツ用品等の製造・販売

事業リスク

(1) 市況変動によるリスク
グループの製品は日本をはじめ全世界で販売されており、その需要はグループが製 品を販売している国または地域の経済状況及び地震、洪水等の自然災害の影響を受 ける。従いまして、日本、北米、欧州、アジアを含むグループの主要市場における景 気の後退、及びそれに伴う需要の縮小は、グループの業績及び財務状況に悪影響を 及ぼす可能性がある。

(2) 為替相場の変動によるリスク
グループの事業には、海外での製品の生産及び販売が含まれており、為替変動の影 響を強く受けます。このため為替予約等のリスクヘッジを行っているが、これにより当該 リスクを完全に回避できる保証はなく、急激な為替の変動は、グループの業績及び財 務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(3) 競争によるリスク
グループの製品は、国内、海外の市場において厳しい競争にさらされている。また近 年においては競合他社や中国製品の台頭のため低価格化競争に波及している。グ ループでは、競争力向上のため、新製品・新技術の開発やコストダウンを強力に推し 進めているが、製品価格の下落がグループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす 可能性がある。

(4) 市場借入金利の変動によるリスク
グループは、運転資金を主として金融機関からの借入金によって調達している。現在 、借入金利は安定的に低位で推移しているが、将来、借入金利が上昇することも考え られます。従って、金融機関の経営状況及び市場の動向等によっては、グループの 業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(5) 法的規制によるリスク
グループの製品は、大自然の中で使用するものであり、自然環境に配慮した製品を開 発すると共に、関係団体と共に環境保護に取り組んでいる。各国の自然環境に関する 法律には、スポーツ・レジャーの普及に好影響のものがある反面、規制や制限を受け るものもある。今後これらの規制や制限が強化された場合は、グループの業績及び財 務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

釣用品82%ゴルフ用品8%スポーツ用品10%