企業名

マミヤ・オーピー㈱< 7991 >

本社所在地

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-11-17

会社情報HP

http://www.mamiya-op.co.jp/company/

設立

1948年2月23日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

機械

同業他社

セガサミーホールディングス㈱<6460>㈱アシックス<7936>

沿革

1948年02月に設立。 16年後の1965年02月に株式上場し、以来48年間上場を維持。 子会社3社でマミヤ・オーピーグループを構成

事業内容

パチンコ台間玉貸機などのパチンコ関連機器・小型自動券売機・薄膜膜厚計 ・OEM機器・紙幣搬送システムなどの製造販売を行う電子機器事業、ゴルフシ ャフト・ゴルフ関連用品・遮断桿の製造販売

事業リスク

1. 特定の取引先に対する過度の依存によるリスク
当社電子機器事業セグメントにおける主要顧客である日本ゲームカード㈱に対 する売上比率は、当連結会計年度では連結売上高の37.7%。 同社との取引関係は極めて良好に推移しており、今後もこの信頼関係を維持・ 強化することについて両社間に見解の相違はないが、日本ゲームカード㈱の業 績の動向あるいは同社の取引方針が、業績に影響を与える可能性がある。

2. 法的規制によるリスク
製品のエンドユーザーである遊技場は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化 等に関する法律」等の法令等の規制対象となっており、OEM供給する台間カー ドユニット等の使用に際しては、使用許可の取得又は使用届が義務付けられて いる。 したがって、これら法令が改正された場合、台間カードユニット等の遊技場へ の販売・設置に関してマイナスの影響が生じ、業績に影響を与える可能性があ る。

3. 工場所在国の社会情勢によるリスク
スポーツ事業の製造拠点の所在地であるバングラデシュ人民共和国における社 会情勢及び治安の状況は必ずしも安定しているとはいえず、その動向によって は、スポーツ事業セグメントの業績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

1. 電子機器事業
パチンコ店向け紙幣搬送システム機器、紙幣識別機ユニット製品、メダル・硬 貨払出機ユニット製品、高性能な小型券売機、マルチチャンネル型薄膜膜厚計、 パチンコホール向け台間機、映像関連機器(OEM)

2. スポーツ事業
ゴルフ用品の企画、開発、製造、販売