企業名

明治ホールディングス< 2269 >

本社所在地

〒104-0031東京都中央区京橋2-4-16 TEL03-3273-4001

会社情報HP

http://www.meiji.com/

設立

2009年04月01日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

六甲バター<2266> ヤクルト本社<2267> B-R サーティワン アイスクリーム<2268>

沿革

1906年
旧・明治製糖(明治グループの起源)設立

1916年
明治製菓の前身、東京菓子創立

1924年
東京菓子、商号を明治製菓株式会社と変更

2009年
4 月、共同持株会社「明治ホールディングス株式会社」を設立し、明治製菓・明治乳業が経営統合

事業内容

食品事業、医薬品事業

事業リスク

(1)原材料価格の高騰等

グループの主要原材料(生乳、乳製品、ココア豆、ナッツ類等)及びエネルギー原料は、国内及び諸外国の需給状況や投機筋の介入などにより価格に影響を受ける可能性がある。こうした価格高騰により、調達や生産コストに大きな影響を及ぼす可能性がある。

(2)為替変動による影響

グループは、原材料や商品の一部を海外から調達しており、また海外においても事業を営んでいることから、予測の範囲を超える急激な為替変動によって、グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

(3)天候による影響

グループの乳製品事業及び菓子事業は、天候による影響を受ける可能性がある。冷夏の場合にはアイスクリーム、牛乳類の売上は減少し、また猛暑の場合にはチョコレートをはじめとする菓子類の売上が減少するなど、グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

(4)酪農乳業界をとりまく環境の変化

グループの乳製品事業におきまして、関税などの貿易制度や、「加工原料乳生産者補給金等暫定措置法」などの酪農諸制度及び運用に急激な変更があった場合、グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

(5)食品の安全性

グループは、商品の安全性確保と、生産全般で発生が予見されるリスクへの予防措置を講じるなど、さまざまな対応を行っている。しかしながら、万が一大規模な商品回収を実施した場合、もしくは、グループの商品に直接の問題がない場合であっても、食品業界に対する風評などによりグループ商品も影響を受けるような場合には、売上の低下や、多額のコストが発生するなど、グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

食品88%、医薬品12%