企業名

アリアケジャパン< 2805 >

本社所在地

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-2-17

会社情報HP

http://www.ariakejapan.com/

設立

1978年5月2日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食品

同業他社

焼津水産化学工業<2812> 佐藤食品工業<2814>

沿革

1966年
資本金50万円をもって有明特殊水産販売株式会社を設立。

1990年
アリアケジャパン株式会社に商号変更した。海外拠点や工場拠点を徐々に増やす。

2005年
長崎県佐世保市に「アリアケファーム株式会社」を設立。

2006年
「株式会社ディア.スープ」を設立した。

事業内容

天然調味料の製造・加工及び販売、農畜産物の生産・加工・輸出入及び販売、水産物の加工・輸出入及び販売、医薬部外品の製造・輸出入及び販売、飲食店の経営等を行う。

事業リスク

①経営状況・消費動向について

当社グループが製品を販売している市場は、その多くの部分を日本国内が占めている。景気動向、それに伴う需要の減少、または消費動向に影響を与えるような不測の事態の発生は、当社グループの業績、および財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

②市場環境について

当社グループの売上高のかなりの部分は、顧客への原料として供給されているが、その顧客は激しく変動する消費者の嗜好に対応して、厳しい競争に晒されている。 当社グループは、こうした市場環境にあって、継続して「安全、安心」で「美味しく、健康に良く、使い易い」製品を提供できると考えているが、当社グループが市場の変化を充分に予測できず、市場にマッチした商品やサービスを提供できない場合は、将来における売上を低迷させるとともに収益性を低下させ、業績と財務状況に悪影響を与える可能性がある。

③新規事業について

当社グループにとって、将来の成長のために新規事業は極めて重要である。そのため過去数年間にわたり、全世界で200億円にのぼる設備投資を実施し、工場の新設・拡張を実行した。これらの事業運営が不測の事態によって順調に進展しない場合、当社グループの成長が計画どおり実現しない可能性がある。また、事業戦略の一環として企業買収等を行うことがありえるが、買収後に予期せぬ障害が発生して想定外の時間と費用がかかり、当社グループの業績と財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

④海外の事業運営について

当社グループは、複数の国で事業を運営している。これらの運営にあたっては、次のリスクが内在している。予期しない法律または規制の変更、政治や経済の混乱、テロや戦争等による社会的混乱。これらの要因は、当社グループにおける事業運営の低下の原因となるリスクを孕んでおり、業績と財務状況に悪影響を与える可能性がある。

⑤為替レートの変動リスクについて

当社は、海外子会社から原料を輸入しており、その価格安定化を目的として、長期為替予約を締結、実行しているが、為替相場の急激な変動により、当社の設定している為替予約の評価損益が発生するため、当社の業績、および経営状況に影響を与える可能性がある。

主力サービス

①天然調味料(中華)

ガラスープ、ラーメンスープ、ちゃんぽんスープ

②天然調味料(洋風)

ブイヨン&コンソメ、デミグラス

③天然調味料(和風)

白だし、和風だし、かつおだし

④エキス商材

ビーフ(ペースト・パウダー)、ポーク(ペースト・パウダー)、チキン(ペースト・パウダー)