企業名

永谷園< 2899 >

本社所在地

〒105-8448 東京都港区西新橋2-36-1 永谷園ビル

会社情報HP

http://www.nagatanien.co.jp/

設立

1953年4月30日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食品

同業他社

味の素<2802> はごろもフーズ<2831>

沿革

株式会社永谷園本舗を港区芝愛宕町(現港区西新橋)に設立。「お茶漬け海苔」の販 売を開始。

2008年
藤原製麺株式会社と株式会社ふじの華を子会社化。

2010年
本社ビルを取得した。

事業内容

和風即席食品及び洋風・中華風即席食品の製造販売、菓子の製造販売並びに関連商品の販売を主な事業とする。お茶づけ・ふりかけ類、スープ類、調理食品類、その他の食料品の製造・販売を行う。その他、シュークリーム等の菓子の製造及び販売、飲食店のフランチャイズチェーンの加盟店募集及び加盟店の指導などを行う。

事業リスク

①特定の取引先への依存

当社グループ商品の主な販売先は三菱商事株式会社であり、その販売割合は全体の86.7%である。特定の取引先に販売を依存している理由は、信用力の高い商社に取引を集中させることで、与信管理の省力化及び信用リスクの低減を図るためである。しかし、三菱商事株式会社宛の売掛債権は、全額エイペックス・ファンディング・コーポレーションに譲渡しており、エイペックス・ファンディング・コーポレーションが破綻した場合には、当社グループは売掛金の回収が困難となり、財政状態に悪影響を及ぼす 可能性がある。

②商品の欠陥

当社グループは、安全な商品の提供を第一と考え、ISOの認証取得、HACCPやAIB、フードディフェンスの考えを取り入れた食品安全管理システムの運用、原材料・商品の自主検査体制やトレーサビリティの構築など、品質保証体制の強化に努めているが、不測の事態により原材料への異物混入など、商品に欠陥が生じ、大規模な商品回収や多額な製造物賠償責任が生じた場合は、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

③原材料の安定調達及び価格の高騰

原材料の一部を海外から調達しており、調達先の国で政情不安や国際紛争が発生した場合、あるいは天候不良、為替変動等により原材料の価格が高騰した場合、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性がある。また、国内調達の原材料についても、天候不良等による価格の高騰が当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

④有価証券の時価変動

当社グループは、長期的な取引関係維持のために主要取引先の有価証券を保有している。これらの有価証券のうち、時価を有するものについては、全て時価にて評価されており、今後の経済環境や企業収益の動向による時価の変動が、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

⑤天災リスク

当社グループの生産工場について、天災によるリスクを回避するため、生産拠点を東西に分割している。しかし、天災の規模・影響等によっては、一時的に商品の出荷が滞り、売上の低下、製造コストの増加を招き、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①お茶づけ

「お茶づけ海苔」「さけ茶づけ」「梅干し茶づけ」「たらこ茶づけ」「わさび茶づけ」など

②ふりかけ・おむすびの素

・「おとなのふりかけシリーズ」
・「超ふりかけシリーズ」
・「彩りごはんシリーズ」

③即席みそ汁

・「あさげシリーズ」
・「1杯でしじみ70個分のちからシリーズ」

④ちらし寿司の素

・「すし太郎シリーズ」

⑤機能性みそ汁・スープ

・『「冷え知らず」さんの生姜シリーズ』