企業名

ロック・フィールド< 2910 >

本社所在地

〒658-0024 神戸市東灘区魚崎浜町15-2

会社情報HP

http://www.rockfield.co.jp/

設立

1972年6月8日

上場市場

東証1部

決算

4月

業種

食品

同業他社

わらべや日洋<2918> デリカフーズ<3392>

沿革

当社創業社長の岩田弘三が25歳の時、神戸南京町に「レストランフック」を開業。

1972年
株式会社ロック・フィールドを創業した。

2012年
上海高島屋に「RF1」 アジア1号店を出店。

事業内容

そうざいの製造・販売を主な事業とする。

事業リスク

①出店政策について

当社グループは、百貨店・駅ビル内及び路面においてブランド別の店舗展開を行っている。今後も出店先の条件等を勘案し、百貨店・駅ビル等への積極的な店舗展開を行っていく方針だが、日本国内における景気の変動及びそれに伴う消費動向の変化等により、経営効率の改善等を目的に不採算店舗の退店及びブランド再構築のための業態変更を行うことも想定される。それにより一時的に多額の損失が発生することが見込まれ、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

②競合について

そうざい業界においては、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、大手食品メーカー等による業界への新規参入等競争が激化し、大変厳しい経営環境となっている。当社グループはこうした市場環境にあっても、魅力的で高付加価値な商品の開発を行うこと等により、ライフスタイルの変化、変わりやすい顧客の嗜好に応えられる商品やサービスを全力で提供しているが、当社グループが市場の変化を充分に予測できず、より良い商品やサービスの提供ができない場合、または競合他社による品質の向上及びサービスレベルの向上等により、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

③法改正について

当社グループが営んでいるそうざい事業に関する主たる法的規制には「食品衛生法」「水質汚濁防止法」「製造物責任法(PL法)」「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律(食品リサイクル法)」等がある。これらの法的規制が強化された場合は設備投資等の新たな費用が発生・増加すること等により、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。また、平成26年4月末現在、当社グループは約6,400名程度の短時間労働者(アルバイト・パートタイマー)を雇用している。今後の店舗展開等においても、短時間労働者の継続雇用は当社グループにとって重要な施策と考えているが、このような短時間労働者に対する処遇改善案等の法改正が行われた場合、企業側が負担する人件費増が見込まれるため、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

④食品の安全性について

当社グループは安全な食品を提供するために品質保証部を設置し、法定の食品衛生検査はもとより、HACCPに基づいた衛生管理を徹底している。また原材料のトレーサビリティーを強化し、安全性の確保にも努めている。しかし、BSE(狂牛病)や鳥インフルエンザに代表される食材の根本に関わる問題が発生した場合には、関連商品等の 消費の縮小や安全性確保のための費用により、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

⑤人材の確保について

当社グループが営んでいるそうざい事業は、労働集約型産業であり、従業員だけでなく短期労働者も大変重要な戦力であり当社グループの経営を支える柱である。今後の少子化において人材の確保は、大変重要な事項になると考えている。人材の確保の状況によっては、新規出店の抑制や既存店における人件費の増加等、当社グループの業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

そうざいの製造・販売事業

・洋そうざいブランド「RF1(アール・エフ・ワン)」
・コロッケ専門店「神戸コロッケ」
・和そうざいブランド「いとはん」