企業名

ユニバンス< 7254 >

本社所在地

〒431-0494 静岡県湖西市鷲津2418

会社情報HP

http://www.uvc.co.jp/

設立

1955年09月07日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

輸送用機器

同業他社

尾張精機 <7249> 太平洋工業 <7250> ケーヒン<7251>

沿革

1937年
鈴木一郎、名古屋市に富士鉄工所を創業

1963年
東証2部に上場

1991年
社名を株式会社富士鉄工所から株式会社フジユニバンスに変更

2005年
株式会社フジユニバンスとアイエス精機株式会社は対等合併し株式会 社ユニバンスとなる

事業内容

ユニット事業、部品事業

事業リスク

(1)特定の得意先への販売依存度について
グループは、自動車部品の製造・販売を主な事業としており、主力である自 動車部品事業においては、国内外の自動車メーカー及び自動車部品メーカーを 中心に販売している。得意先の中で日産自動車株式会社、スズキ株式会社及び ジヤトコ株式会社への販売依存度が高く、当連結会計期間において売高506億 19百万円、総販売実績に対する割合は、73.6%となっている。したがって、各 社の販売動向は、グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性が ある。したがって、各社の販売動向は、グループの経営成績及び財政状態等に 影響を及ぼす可能性がある。

(2)経済情勢について
グループの四輪駆動装置および産業機械装置は、主に米国市場向けとなるた めに、米国の経済動向は、グループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす 可能性がある。

(3)製品の品質について
グループに対する顧客ニーズは、多数回納入・在庫レス化等の柔軟な生産体 制、また開発生産準備期間の短縮等めまぐるしく変化しているが、それに対応 し顧客の満足と信頼を得るには常に品質の保持が第一と考えており、品質が損 なわれた場合のリスクは甚大なものになると予想される。

(4)原材料・部品等の購入について
グループの製品は、その原材料や部品の多くをグループ外の取引先から購入 しており、契約のもとで安定的な供給を前提にしているが需要の増大等の品不 足や価格の高騰が生じる恐れがある。このような事態の発生はグループ製品の 生産への影響や製造コストの上昇を招き、グループの業績と財務状況に影響を 及ぼす可能性がある。

(5)自然災害について
東海地区に本拠地が所在しているグループにとって地震は大きなリスクの一 つであり、人命尊重に加え、事業継続、早期生産復旧に向けた活動を推進して いる。また、広域な範囲に甚大な被害をもたらし、自動車産業全体に影響を及 ぼすような大規模な自然災害については、日本経済全般や自動車メーカー及び 自動車部品業界全体の生産動向がグループの業績と財務状況に大きく影響を及 ぼす可能性がある。-以下略-

主力サービス

ユニット56%、部品44%