企業名

日本瓦斯< 8174 >

本社所在地

〒104-8540 東京都中央区八丁堀2−10−7

会社情報HP

http://www.nichigas.co.jp/

設立

昭和30年7月29日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

トーエル<3361>

沿革

1955年
日本瓦斯株式会社設立。

昭和30年7月
LPガス及び同機器の販売並びにガス工事の設計施工も併せ取扱う。

1964年
東京オリンピック聖火用ガスを供給。関東圏を中心としてガス(LPガス、都市ガス)の供給、ガス機器や住宅機器の販売、住宅設備機器のリフォーム、エアゾール製品などの製造販売を行っています。事業の中心となるのはガスの供給で、お客様数は、LPガスが約6割、都市ガスが約4 割で、合計100万戸を超えている

2013年8月
オーストラリア国内で電力エ ネルギー・マネジメント・サービス(EMS)を手がけるCozero社へ、資本・経営参加(株式持分16.6%)をした。

事業内容

子会社12社並びに関連会社2社で構成され、主な事業内容は、ガス(LPガス、 都市ガス)の供給、ガス機器・住宅機器の販売、土地・住宅の販売、保険代理業務、エアゾール製品等の充填・販売並びに各事業に関連する管工事施工、輸送 、計算業務等である。

事業リスク

①気温・水温の変動によるガス需要への影響

「ガス事業」の性質上、気温・水温の変動がガス需要に影響を及ぼす可能性あ り。

②自ガス原料価格と為替相場の予想以上の大幅な変動

LPガス原料は中近東からの輸入に依存し、政情悪化で原料が高騰したり、為替レートが円安にふれた場合に業績に悪影響を及ぼす可能性があり。また、都市ガス原料のLNGは、火力発電用の需要が高まり、高値で推移しており、都市ガス及び簡易ガスの原料価格・為替相場変動による影響については、原料費調整制度の適用によりガス販売価格に反映して転嫁することが可能だが、上限バンドによる制約や反映までのタイムラグにより決算期を越えて影響が発生す る可能性あり。

主力サービス

①LPガス事業

・LPガス、都市ガス用原料、ガス機器、住宅機器等の仕入れ、販売
・LPガス供給設備工事、都市ガス供給設備工事
・GHP(ガスヒートポンプエアコン)の保守サービ

②都市ガス事業

・都市ガスの製造、供給及び販売
・ガス機器、住宅機器を仕入れ、販売
・需要家負担のガス工事