企業名

ジャムコ< 7408 >

本社所在地

〒181-8571 東京都三鷹市大沢6-11-25

会社情報HP

http://www.jamco.co.jp/

設立

1952年12月18日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

輸送用機器

同業他社

IJTテクノロジーホールディングス <7315> ナンシン <7399> 昭和飛行機工業<7404>

沿革

1955年
伊藤忠航空整備株式会社設立。

1970年
新日本航空整備株式会社に商号変更。

1988年
株式会社ジャムコに商号変更。

1988年
株式を東京地区店頭市場へ公開。

事業内容

航空機内装品等製造関連事業、航空機器等製造関連事業、航空機整備等関連事 業

事業リスク

①航空会社の経営基盤の悪化について
グループは航空業界を事業領域としており、景気悪化や国際紛争・テロの発 生、感染症の流行等による旅客・貨物の空輸量の落ち込みを始め、原油価格の 高騰、その他航空会社間の競争激化などによる航空会社の業績や経営基盤の悪 化は、受注量や売上高の減少など、グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能 性がある。

②航空機メーカーの生産計画の大幅な変更について
航空機内装品等製造関連事業及び航空機器等製造関連事業では、ボーイング 社、エアバス社向けの製品を生産している。これら航空機メーカーにおける新 型機種の開発の遅れ、生産スケジュールの大幅な変動、労働争議による操業停 止などが発生した場合、グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

③航空機事故等による航空機の長期にわたる運航停止について
航空機整備等関連事業では、官公庁、航空機使用事業者、国内エアラインな どが所有する、中型・小型航空機の機体及び装備品の整備、修理、改造などを 手がけている。これらの航空機等に重大な不具合や事故が発生した場合、その 原因究明及び安全性の確認のため同型式航空機の運航を見合わせることがある 。又、航空機等に安全性を著しく損なう問題が発生した場合は、法令に基づき 国土交通大臣から耐空性改善通報が発出され、安全性が確認されるまで同型式 航空機の運航が認められない場合がある。このような事態が発生した場合は、 当該型式航空機に関連する整備作業が減少するなど、グループの経営成績に悪 影響を及ぼす可能性がある。

④原材料価格の変動について
グループの事業では、原材料、部品等を多くの外部供給者から調達している 。航空機に使用する素材、金属、複合材料等については、その特殊性から調達 先が限定されるものや調達先の切り替えが困難なものがあり、供給者における 事故や品質上の問題、或いは国際情勢の悪化等により供給不足及び納入の遅延 等が発生した場合は、の生産スケジュールに悪影響を及ぼす可能性がある。又 、原材料、部品等の需要の増加や原油価格の高騰などにより調達価格が高騰し た場合には、製造原価が上昇し、グループの経営成績に悪影響を及ぼす可能性 がある。-以下略-

主力サービス

航空機内装品等製造関連78%、航空機器等製造関連9%、航空機整備等関連 12%