企業名

8181 東天紅< 8181 >

本社所在地

東京都台東区池之端1−4−33

会社情報HP

http://www.totenko.co.jp/

設立

昭和36年12月

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

ひらまつ<2746>梅の花<7604>

沿革

1961年(昭和36年)
東京・上野不忍池畔に中国料理のレストランとして「上野店」オ- プン。

1966年(昭和41年)
上野店の増改築工事竣工。中国料理の殿堂として、地上8階、地下2階、延べ1万3百平方メ-トルの偉容が完成。客席総数3千席は世界一の規模を誇る。

1984年(昭和59年)8月
東京証券取引所市場第1部に上場。 近年では「ルーキス」「ラヴィクレール」「クーレクール」などの新しいスタ イルのウェディングブランドを立ち上げている。

事業内容

株式会社東天紅及び子会社(株)海燕亭により構成されており、レストラン及び 宴会場の経営を主たる業務としている。

事業リスク

①景気動向と競合

特に法人需要の動向に大きく影響を受け、外食市場においては新規参入や中食 の台頭等により競争は更に激しさを増している。今後も景気の後退、競争の激化等が続いた場合、業績に影響を及ぼす可能性あり。

②食材の安定確保

BSE問題、鳥インフルエンザ等の伝染病、異物混入問題等、食に対する不安が広まる中、良質な食材の量及び価格の両面における安定的確保が外食企業として成長を遂げるための不可欠な要素となっており、食材の安全性に疑義が呈さ れた場合、また、天候要因ならびに外国為替相場の動向等を反映して食材の仕入コストが大きく変動した場合など業績に影響を及ぼす可能性あり。

③衛生管理

店舗において食中毒等衛生上の問題が発生した場合には、営業停止あるいは風評悪化等により業績に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①中国料理

・飲食店、宴会場「東天紅」の経営
・「ルーキス」「ラヴィクレール」「クーレクール」ウェディングブランドの 立ち上げ

②日本料理

・飲食店、宴会場「海燕亭」の経営