企業名

ハリマ共和物産< 7444 >

本社所在地

〒671-0218 兵庫県姫路市飾東町庄313

会社情報HP

http://www.harimakb.co.jp/

設立

1950年12月22日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

Misumi <7441> 中山福 <7442> 横浜魚類 <7443>

沿革

1907年
姫路市福中町23に於いて津田留吉が畳表商を創業

1951年
株式会社津田商店を設立 資本金30万円

1969年
ハリマ共和物産株式会社新設、営業権を津田物産株式会社から新会社 に移行し事業拡大を図る

1995年
大阪証券取引所新2部に上場 新資本金71,953万円

事業内容

卸売事業、物流関連事業

事業リスク

(1)競合等の影響について
属する日用雑貨品の卸売業界では、大手卸売企業による寡占化が進みつつあ る一方、卸売業者間の競合も激しく、主力販売先に対する売上が減少する可能 性が潜在している。さらに得意先である大手小売業においては、自社の物流セ ンターの整備・拡充を進め、メーカーとの間に卸売業を介在させない直取引を 志向する動きも見られることから業績に影響が及ぶ可能性がある。

(2)サードパーティ・ロジスティクス部門について
主に当部門では受託物流を営んでいるが、売上先の大半が特定の小売企業に 対する納入業者に偏重しており、当部門の業績は特定の小売企業の販売動向に 依存している割合が高くなっている。また、受託物量の増加等に応じて物流セ ンターの開設・機能拡充が必要となる可能性があり、これに伴って設備投資額 やセンター運営費用が増加し業績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)業務委託先への依存状況について
卸売部門では自社物流センターを起点として得意先への商品の出荷・配送を 行っているが、配送業務においてアウトソーシングを進めている。また、受託 物流部門においても、倉庫内作業に関して業務委託を行っている。従って、適 切な業務委託先や取引条件が確保できない場合には各事業へ影響が生じる可能 性がある。

(4)自然災害について
物流センター及び本社等の所在地を含む地域で地震等の自然災害が発生した 場合、商品の出荷・配送等の営業活動に支障が生じる可能性がある。また、被 害の状況によってはグループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性が ある。

主力サービス

卸売86%、物流関連14%