企業名

ヤギ< 7460 >

本社所在地

〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-2-8

会社情報HP

http://www.yaginet.co.jp/

設立

1918年04月28日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

セキテクノトロン <7457> 第一興商 <7458> メディパルホールディングス<7459>

沿革

1918年04月
大阪市東区(現中央区)に綿糸、綿布の販売を目的として株式会 社八木商店(資本金3,000千円)を設立

1943年05月
八木株式会社に商号変更

1989年02月
株式会社ヤギに商号変更

1995年09月
大阪証券取引所市場第二部に株式を上場

事業内容

原料事業、テキスタイル事業、繊維二次製品事業、その他事業

事業リスク

(1) 債権管理について
販売先が多数であることから、債権管理を徹底しているが、販売先の財務状 態が悪化し、その支払能力が低下した場合には、グループの業績に影響を及ぼ す可能性がある。

(2)海外からの商品調達による影響について
グループの海外での生産の大部分は中国を主力に東南アジアで行われており 、これらの国々における

a. 予期しない法律または規制の変更
b. 不利な政治または経済要因(税制等)
c. テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱 などがグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)シーズン商品について
衣料品においては、シーズン前に商品の色、柄、数量を決定することなどか ら、天候の不順等により、販売額が変動しグループの業績に影響を及ぼす可能 性がある。
(4)株価等変動リスクについて
グループが保有している上場株式等の時価が変動した場合、グループの業績 に影響を及ぼす可能性がある。

(5)為替変動について
グループでは輸入商品の取り扱いが多いため、為替の変動によって利益率が 変動し、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。しかし、既契約分にお いては為替予約取引により、将来の為替変動によるリスクを回避している。

主力サービス

原料16%、テキスタイル12%、繊維二次製品68%、その他3%