企業名

アルビス< 7475 >

本社所在地

〒939-0402 富山県射水市流通センター水戸田3-4

会社情報HP

http://www.albis.co.jp/

設立

1968年12月23日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

マックスバリュ北海道 <7465> 静岡スバル自動車 <7473> ジー・ネットワークス<7474>

沿革

1992年
北陸スパー本部(株)、(株)チューリップの合併により、資本金6億767 万1,000円にて、アルビス株式会社誕生

1995年
名古屋証券取引所市場第2部へ上場、資本金17億2,327万2,500円とな る

事業内容

スーパーマーケット事業、その他事業

事業リスク

(1)食品の安全性について
グループが取り扱う商品は主として食料品であり、安全・安心な商品の調達 が出来るよう努めているが、社会全般の食の安全に対し信頼感を損ねるような 問題が発生した場合、グループもその混乱に巻き込まれる可能性がある。また 、グループで製造・販売している惣菜、豆腐類、および生鮮加工品についても 、衛生管理上の不注意で食中毒などが発生する可能性がある。品質管理体制に は万全を期しているが、万が一発生した場合はグループの業績に影響を与える 可能性がある。

(2)まちづくり三法などに係るリスク
グループが行うショッピングセンター及び単独店舗の開発・運営事業は、ま ちづくり三法による規制を受けることとなる。このうち大規模小売店舗立地法 では、売場面積が1千平方メートルを超えることとなる新規出店及び増床につ いて、都市計画、交通、地域環境などの観点から地方自治体による規制が行わ れるため、申請前の環境調査や出店が環境に与える影響の予測などに一定の時 間を要することが想定される。そのため、出店計画にはこうした法的規制によ る影響を受ける可能性がある。また、都市計画法の改正により、郊外型の大型 商業施設の立地規制が厳格に行われるため、県外流通資本との出店地の獲得競 争がるる激化しており、グループの出店計画の遅延や出店費用の増加等の影響 が懸念される。

(3)固定資産の減損に係る会計基準
グループでは財務の一層の健全化を図るため、「固定資産の減損に係る会計 基準」を適用している。今後、店舗等の収益性が悪化したり、保有資産の市場 価格が著しく下落したこと等により減損処理が必要となった場合、グループの 業績及び財政状況に影響が及ぶ可能性がある。

(4)経営成績に重要な影響を与える要因について
グループの外販事業は、特定少数の得意先スーパーマーケットと取引がある 。その得意先企業との取引が中止、あるいは減少となった場合は、グループの 営業収益を減少させ、結果としてグループの業績を悪化させる要因となる。-以 下略-

主力サービス

スーパーマーケット99%、その他1%