企業名

マルヨシセンター< 7515 >

本社所在地

〒769-0198 香川県高松市国分寺町国分367-1

会社情報HP

http://ww2.maruyoshi-center.co.jp/

設立

1970年09月24日

上場市場

東証2部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

イオン北海道 <7512> コジマ <7513> ヒマラヤ<7514>

沿革

1961年03月
香川県高松市常盤街に矢野憲作が有限会社トキワフードセンター を設立。

1970年09月
会社組織を変更し、株式会社マルヨシセンターとする。

1996年09月
大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。

2013年07月
大阪証券取引所と東京証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京 証券取引所市場第二部に上場。

事業内容

小売事業、外食事業

事業リスク

(1)競合について
小売業界においては、オーバーストア状況下での出店が続いており、グルー プのスーパーマーケット店舗においても、同業他社に加えて異業態店舗との競 争にさらされている。競合による影響額は公表している業績予想に組み込まれ ているが、予想を超える競合状況に巻き込まれた場合、グループの業績に影響 を及ぼす可能性がある。

(2)衛生管理について
グループにおいては、顧客の「安全・安心」な食品の要望に応えるべく、「 健康とおいしさ」を基本理念に、連結子会社㈱フレッシュデポの食品加工製造 工場(綾上事業所・宇多津事業所)でISO9001を取得しているほか、スーパ ーマーケット店舗、レストラン店舗においても、基準書に基づく衛生管理・鮮 度管理の徹底に努めているが、万一、食中毒等衛生管理上の問題が発生した場 合、顧客の信用低下を招き、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)食品の安全性について
グループで販売されている家畜や家禽類を材料とした商品は、原産地等での 伝染病等(例えば、鳥インフルエンザ、BSE)の影響で、供給の停止や相場の 高騰、さらに消費者の不安感の広まりによる消費の低迷等、経済的・社会的要 因によりグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(4)顧客情報について
グループでは、スーパーマーケットにおいてポイントカードによる顧客サー ビスを行っており、それに伴う顧客情報を保有している。「個人情報の保護に 関する法律」の施行にともない、顧客情報の管理には万全を期しているが、予 期せぬ事故等により顧客情報が流出した場合には、社会的信用の低下や損害賠 償により、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(5)自然災害・事故等について
グループはスーパーマーケットを中心に事業展開を行っており、店舗や加工 ・物流センターが大規模な自然災害等で被害を被った場合、来店客や従業員が 被害を受けたり、建物等の損壊によりの営業活動に著しい支障が生じることが ある。また、これらの災害や事故により各種情報システムの設備に甚大な損壊 があった場合は、業務の進行に重大な支障をきたし、グループの業績及び財務 状況に多大な影響を与える可能性がある。

主力サービス

小売99%、外食1%