企業名

リックス< 7525 >

本社所在地

〒812-8672 福岡市博多区山王1-15-15

会社情報HP

http://www.rix.co.jp/

設立

1964年05月01日

上場市場

東証2部 福証

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

黒田電気 <7517> 五洋インテックス <7519> ムサシ<7521>

沿革

1908年
福岡市博多区綱場町で、しまや足袋本舗の代理店として、山田籐七が 山田商店を創業

1964年
商号を山田商事株式会社として法人化

1969年
商号を山田興産株式会社に変更

1990年
商号をリックス株式会社に変更、新経営理念を制定

事業内容

鉄鋼事業、自動車事業、電子半導体事業、ゴムタイヤ事業、高機能材事業、環 境事業

事業リスク

(1)経済環境の変化に関するリスク
グループの主力商品である高圧液圧応用機器を中心とした産業用機械及び部 品の販売については、販売先企業の設備投資動向に影響を受ける。設備投資動 向は、販売先企業個々の経営状況並びに当該企業が属する業界個々の経済環境 に左右される可能性があり、それら様々な変動要因が、グループの財政状態、 経営成績及びキャッシュ・フローの状況に間接的に悪影響を及ぼす可能性があ る。特にグループの主要顧客業界である鉄鋼、自動車、電子・半導体の業界動 向によっては、グループに、より大きな悪影響を及ぼす可能性がある。

(2)国外における事業リスク
グループは、日本国外においても販売及び生産活動を行っているが、現時点 においてその事業リスクは軽微なものと考えている。グループの中期事業計画 では、海外事業の拡大を重点戦略としており、為替動向及び進出した国・地域 を含む国際情勢の急変等が、グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・ フローの状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(3)取引先の信用リスク
グループは、取引先の財務情報等を入手・分析し、販売先においては独自の 与信枠設定を行い、仕入先・外注先においてはその取引の可否について判断を 行うことによって、取引先の信用リスクに備えている。しかしながら、取引先 の予期せぬ事態により債権回収に支障が発生した場合や、商品の仕入が出来な いことにより賠償責任が発生した場合等において、グループの財政状態、経営 成績及びキャッシュ・フローの状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(4)製品・商品の欠陥リスク
グループは、製品の品質・安全に配慮した商品の開発・製造・販売に最善の 努力を図っている。しかしながら、すべての製品・商品について欠陥がなく、 将来において製品回収などの事態が発生しないという保証はない。また、製造 物責任賠償については保険に加入しているが、この保険が最終的に負担する賠 償額を十分にカバーできるという保証はない。よって、大規模な製品・商品の 回収や製造物責任賠償につながるような製品・商品等の欠陥が発生した場合に は、グループの社会的信頼性に重大な影響を与え、多額の費用又は損失の発生 や売上高の減少により、グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロ ーの状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

鉄鋼31%、自動車23%、電子半導体9%、ゴムタイヤ10%、高機能材3%、環 境6%