企業名

エーザイ< 4523 >

本社所在地

〒112-8088 東京都文京区小石川4-6-10

会社情報HP

http://www.eisai.co.jp/

設立

1941年(昭和16年)12月6日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

医薬品

同業他社

アステラス製薬<4503>武田薬品工業<4502>

沿革

1889年
創業者・内藤豊次が誕生し

1911年
タムソン商会に就職し、輸入薬品を取り扱 う。

1915年
上京して田辺元三郎商店(現、田辺三菱製薬)に就職を経て

1936年
「合 資会社桜ヶ岡研究所」(東京)を設立。

1955年
社名を「エーザイ株式会社」に改称 。

2013年
一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金設立に参画(日本初の開発 途上国向けの新薬開発支援基金)。インド・バイザック工場で製造するリンパ系フィラリ ア症治療薬「ジエチルカルバマジン」をWHOへ無償提供開始。肥満症治療剤 『BELVIQ』米国で発売。

事業内容

医薬品、医薬部外品の製造販売

事業リスク

1 海外展開におけるリスク

当グループは、「アリセプト」、「パリエット/アシフェックス」および「ハ ラヴェン」を軸として、日本  をはじめ、米国、欧州、アジアを中心に生産・販売活動を展開しており、グ ローバルな事業活動を展開するうえで、法的規制、政情不安や事業環境の不確 実性などのリスクを完全に回避できる保証はない。このようなリスクに直面し た場合、当該国における収益が当初の見込みを達成できない可能性がある。

2 他社とのアライアンスにおけるリスク

当グループには、主要製品である「アリセプト」および「パリエット/アシ フェックス」など、他社と業務  提携を行っている製品がある。米国、欧州主要国では市場全体をカバーし、 製品価値の極大化をはかるため、提携企業の販売促進協力を受けており、これ ら提携企業との良好な協力関係が保たれなくなった場合、売上高が減少し業績 に重要な影響を及ぼす可能性がある。
また、製品買収や製品・開発品の導入な どに伴う不確実性により、将来に期待していた収益が得られない可能性がある 。

主力サービス

1 医療用医薬品販売

・アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」・プロトンポンプ阻害剤「パ リエット」

2 一般用医薬品等販売

・ビタミンB2主剤「チョコラBBプラス」等