企業名

理研ビタミン < 4526 >

本社所在地

〒101-8370 東京都千代田区三崎町2-9-18

会社情報HP

http://www.rikenvitamin.jp/

設立

1949年8月27日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

食品

同業他社

味の素<2802>ハウス食品<2810>

沿革

昭和13年
理化学研究所の研究成果を工業化するために当社の前身である理研 栄養薬品株式会社が設立され、

昭和24年
この理研栄養薬品株式会社のビタミン 部門関係者が分離独立し、ビタミン油(肝油)を製造販売する目的のもとに理 研ビタミン油株式会社を設立。

平成22年
大連西山理研食品有限公司を清算。
同年、株式会社健正堂が、電子機器用の精密部品事業を廃止し、化成品用 改良剤の製造工場を新設した。

平成23年
理研維他精化食品工業(上海)有限 公司が、アプリケーションセンターを開設。

平成25年
インド・ムンバイ、ト ルコ・イスタンブール、アメリカ・カリフォルニア州に駐在員事務所を設立し た。

事業内容

・国内食品事業:家庭用食品(一般家庭向け加工食品)、業務用食品(業務用 市場向け加工食品など)及び加工食品用原料等(食品業界向け加工食品用原料 ・食品用改良剤・ビタミンなど)の製造、販売を行う。
・国内化成品その他事業:化成品用改良剤、飼料用添加物などの製造、販売を 行う。
・海外事業:食品用改良剤、化成品用改良剤、水産加工品、冷凍野菜などの製 造、販売を行う。

事業リスク

①安全性のリスクについて

世界的に認められた品質管理システム(ISO、HACCP、FSSC等)に従って 各種製品を製造するとともに、原材料から製品及び仕入商品について自主検査 体制やトレーサビリティシステムを構築するなど、品質保証体制の強化に努め ている。
しかし、食品をはじめとする当社が事業を営む業界においては、これ までも鳥インフルエンザ・口蹄疫等さまざまな事案が発生しており、ここに放 射能汚染という問題も浮上してきた。品質については万全を期しているが、今 後においても取組みの範囲を超える事態の発生により、製品・商品の回収や多 額の製造物賠償責任が生じた場合には、業績と財政状態に悪影響を与える可能 性がある。

②原材料の調達リスクについて

使用する天然物を中心とする原材料は国内外から幅広く調達しているが、市況 の急激な変動、原産地における天候、需給バランス、社会情勢などの変化や、 自然災害の発生により、安定的な価格や品質及び十分な調達量を確保出来なく なった場合には、業績と財政状態に悪影響を与える可能性がある。

③為替変動のリスクについて

海外への事業展開を進める上で輸出入取引をしているが、外貨建取引について は為替レートの変動の影響を受けることになる。このため、為替変動に対する リスクを軽減する目的として、先物為替予約等を利用してリスクヘッジしてお りますが、急激な為替変動があった場合には業績と財政状態に悪影響を与える 可能性がある。また、連結財務諸表作成のために在外子会社の財務諸表を円貨 に換算しており、為替変動が業績と財政状態に影響を与える可能性がある。

④知的財産権のリスクについて

生産する自社製品は知的財産権による保護を進めている。また、保有する知的 財産権は厳密な管理のもと、第三者の状況にも常に注意している。しかし、第 三者の類似製品の発売等により自社製品のブランド価値が低下したり、あるい は将来において第三者の知的財産権を侵害しているとされた場合には、業績と 財政状態に悪影響を与える可能性がある。

⑤情報、管理システムのリスクについて

開発・生産・販売・物流等の情報について適切なシステム管理体制をとり運営 している。また、重要な情報の紛失、誤用、改ざん等を防止するため、システ ムを含め情報管理に対して適切なセキュリティ対策を実施している。しかし、 情報への不正アクセスや予測不能のウイルスの侵入、その他不測の事態の発生 により、社会に対する信用低下やシステムが一定期間使用できなくなった場合 には、業績と財政状態に悪影響を与える可能性がある。

主力サービス

①ドレッシング

・リケンのノンオイルシリーズ
・リケンのノンオイル セレクティ®シリーズ
・ごちそうマジック®シリーズ

②スープ

・わかめスープシリーズ

③だしの素

・素材力だし®シリーズ
・和風だしの素かつおちゃん

④ふえるわかめちゃん®

・ふえるわかめちゃん®シリーズ

⑤レトルト

・中華百選®シリーズ