企業名

フクビ化学工業< 7871 >

本社所在地

〒918-8585 福井市三十八社町33字66

会社情報HP

http://www.fukuvi.co.jp/

設立

1953年05月25日

上場市場

東証2部 名証2部

決算

3月

業種

化学

同業他社

天昇電気工業 <6776> 日東電工 <6988> 小野産業 <7858>

沿革

1953年05月
福井市木田町に福井ビニ―ル工業株式会社設立。塩化ビニール建 材用製品の製造販売を開始。

1970年01月
商号を「フクビ化学工業株式会社」に変更。 1997年03月

事業内容

建築資材事業、産業資材事業

事業リスク

(1)事業環境の変化による影響
グループは、住宅建築資材の生産・販売を中核事業としている。このため、 個人消費動向、住宅関連税制・消費税の改正並びに長期金利の動向等は、戸建 住宅やマンション等の集合住宅の新築・増改築需要に影響を及ぼし、その結果 、グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。近年、住宅版 エコポイント制度や長期固定金利型住宅ローン“フラット35”の導入、終了、再 開等が、新設住宅着工に影響を与えている可能性がある。

(2)原材料の市況変動による影響
グループの主要製品は、塩ビ・オレフィン等の汎用プラスチック樹脂を主原 料としており、これらの原材料価格の変動を、適時に生産技術の向上により吸 収できない場合、あるいは製品価格に転嫁できない場合には、グル-プの経営 成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。汎用プラスチック樹脂の主原料 であるナフサは、米ドル建てで取引されており、今後米ドル為替相場が円安に 進むことがあれば、円ベースでの調達コストが上昇する可能性がある。

(3)販売先の信用悪化による影響
グループは、極力大手建材問屋あるいは大手商社を主たる販売先とし、取引 信用保険の活用等により信用補完を実施する一方で、意図しない集中が発生し ないように、信用リスクの分散にも努めているが、販売先の予期せぬ信用悪化 により貸倒リスクが顕在化した場合には、グループの経営成績や財政状態に影 響を及ぼす可能性がある。

(4)製造物責任による影響
グループでは、開発製品が、予期しない品質問題等により大規模な補償問題 を引き起こす可能性があると認識している。そのため、品質管理基準を明定し 、また、開発工程で厳格な品質管理に努める一方、必要に応じて賠償責任保険 を付保しているが、補償金額あるいは補償範囲が、想定の範囲を超えた場合に は、グループの経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。-以下略-

主力サービス

建築資材77%、産業資材23%