企業名

日医工< 4541 >

本社所在地

〒930-8583 富山市総曲輪1−6−21

会社情報HP

http://www.nichiiko.co.jp/

設立

1965年7月15日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

医薬品

同業他社

キッセイ薬品工業<4547>沢井製薬<4555>

沿革

1965年
7月に日本医薬品工業株式会社設立。

2005年
6月に日本医薬品工業 株式会社から日医工株式会社に商号変更。

2006年
11月に大阪証券取引所及び名 古屋証券取引所一部銘柄に指定。日医工本社内でお客様サポートセンター本格 始動。

2010年
12月に東京証券取引所市場第一部に上場。

2011年
12月に大阪証 券取引所及び名古屋証券取引所の上場廃止(東京証券取引所に一本化)。

2014 年
1月にタイ現地法人「Nichi-Iko(Thailand) Co., Ltd.」・アメリカ合衆国現地法人「NIXS Corporation」 設立。
4月に連結子会社「日医工ファーマテック株式会社」事業開始。

事業内容

医薬品、医薬部外品、その他各種薬品の製造販売輸出入等。循環器官用薬、消 化器官用薬、呼吸器官用薬、中枢・末梢神経系用薬他、924品目

事業リスク

1 ジェネリック医薬品の特性と競争

医療用医薬品の製造及び販売を営んでおり、その中でも主としてジェネリック 医薬品を扱っている。ジェネリック医薬品とは、最初に開発して発売された「 先発医薬品」の特許が切れた後に発売される「後発医薬品」のことである。
「 先発医薬品と同じ有効成分で、含量、投与経路、効能・効果、用法・用量が等 しい医薬品」とも定義され、通常は先発医薬品の再審査期間及び物質特許期間 が満了した後に発売される。先発医薬品の特許満了と同時に、多くのジェネリ ック医薬品メーカーが市場に参入し、厳しい競争のなかで価格低下を招くこと がある。
その結果、収益が低下して経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。

2 医療制度の変更

厚生労働省は、国民医療費の抑制を目的として、これまでも数々の医療制度 改革を実施してきており、今後もこの方針は継続されるものと考えられる。  医療用医薬品の製造・販売にあたりましては、開発、製造、流通及び患者投 与の各段階において、種々の承認・許可制度及び監視制度が設けられており、 ジェネリック医薬品の普及推進策の実施もありますが、今後の医療制度変更の 内容によりましては、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

1 ジェネリック医薬品販売事業

去痰剤「コフノールLカプセル」・抗真菌剤「トラコナ錠」

2 その他事業

・医薬部外品、その他各種薬品の製造販売輸出入等