企業名

JEUGIA< 9826 >

本社所在地

〒604-8082 京都市中京区三条通寺町西入弁慶石町61

会社情報HP

http://www.jeugia.co.jp/ir/report/profile.html

設立

1952年5月

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

新星堂<7415>トップカルチャー<7640>

沿革

昭和27年
5月、京都市中京区に株式会社田中楽器店を設立。

昭和27年
10月、株式会社田中楽器店を株式会社十字屋楽器店に商号変更。

昭和42年
11月には、マリンスポーツ用品の販売を開始。

昭和50年
1月、株式会社十字屋楽器店を株式会社十字屋に商号変更。

平成2年
3月、株式会社十字屋を株式会社JEUGIA(登記上は㈱ジュージヤ)に商号変更。

平成3年
7月、大阪証券取引所市場第二部特別指定銘柄、京都証券取引所に株式を上場。

平成8年
1月には大阪証券取引所市場第二部に指定。

平成12年
4月、連結子会社である㈱クリエイティブコンセプツを吸収合併。

平成14年
4月、連結子会社である十字屋ピアノサービス㈱を吸収合併。

平成15年
6月には、登記社名を定款上の商号である株式会社JEUGIAに変更。

平成25年
7月、東京証券取引所市場第二部に指定。

事業内容

主にカルチャー教室、音楽教室の運営事業、ピアノ、管弦打楽器、楽譜等の楽器の販売、CD、DVD等のAVソフトの販売を行っている。

事業リスク

①事業環境について

音楽教室においては、既存教室の改装等、音楽教室の整備に努め、カルチャー教室においては、多店化の推進や新講座の開発などの入会促進策を実施して、収益力の強化を目指している。しかしながら、少子化による子供会員の低減傾向、新規入会会員の伸長の鈍化等事業環境に変化が生じた場合には、経営成績などに影響を及ぼす可能性がある。

②再販制度について

取扱商品である販売用音楽CD等(レコード、テープを含む)は、メーカーの再販売価格維持契約による定価販売(以下再販制度)が義務付けられている。これは、わが国の文化の普及などを目的にしたもので、独占禁止法の対象外になっている。その再販制度は、現在、時限再販(発売後一定期間を経過したものは小売業者が自由な価格で販売できる)や、部分再販(出版社が出版物に「定価」という表示を用いて販売価格を指定したものが再販の対象とされ、表示のないものは「非再販商品として扱う」)など、一部で再販制度の弾力的運用が行われている。
しかしながら、再販制度が将来にわたって維持されるかどうかは不明であり今後、規制緩和が進んだ場合、現状ではほとんど存在しない価格競争が生じる可能性があり、経営成績などに影響を及ぼす可能性がある。

③店舗展開について

大型商業施設内にカルチャー教室の多店化を推進し、収益力の強化とシェアの拡大を図り、営業効率の改善に努める方針である。また、立地条件の良否が教室会員の増加を左右する要因であると考えていることから、出店に当っては出店候補地の商圏人口、交通量、競合店状況、賃借料の条件を検討し、投資回収に係る社内基準に基づき、出店地の選定を行っている。しかしながら、出店政策に合致した物件がなく、計画どおりに出店できない場合や、出店後に商業施設の売上高や集客力に変化が生じた場合や近隣地域への競合商業施設の出店等により、顧客動向が変化した場合等には、店舗展開や経営成績などに影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①店舗事業部

管弦打楽器、鍵盤楽器等、楽器全般の販売及びCD、DVD等の音楽ソフト販売

②音楽教室事業部

音楽教室の運営とピアノ、電子オルガン等の鍵盤楽器の販売

③カルチャー事業部

カルチャー教室の運営