企業名

リーバイ・ストラウス ジャパン< 9836 >

本社所在地

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル 西館19階

会社情報HP

http://www.levistrauss.co.jp/about/

設立

昭和57年11月

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

11月

業種

卸売業

同業他社

ソト―<3571>ラクーン<3031>

沿革

1853年
創業。衣服や生地、雑貨等を扱う雑貨卸事業を手掛けていたが、創業者のリーバイ・ストラウスは、ゴールドラッシュに湧くカリフォルニアの金鉱で働く人々の声に耳を傾け、エポックメイキングな商品を創り出す。過酷な労働にも耐える、丈夫なワークパンツがほしい――その願いを叶えたのが、耐久性のあるデニム地を使い、ポケットを金属のリベットで補強したジーンズだった。現在でも、人々に愛されるファッション・アイテムとして認知される。

事業内容

日本市場向けにリーバイス®ブランド商品の製造・輸入・販売を行う。全国にリーバイス® ストアを展開し、リーバイス® ブランドの世界観を発信する。

市場のセグメント化に伴う商品ラインナップの再構築を追求する。特に季節商品をセグメント化し、“Head to Toe” でライフスタイルを提案するため、広告キャンペーンを企画している。女性向け商品では、機能性を訴求し、スタイリング提案を行いながら、マーケットを拡大する。

事業リスク

①商品生産上のリスク

製品の多くはアジア地区にある協力工場で生産しており、自然災害等によりこれら製品の一部の納期が大幅に遅れたり、納品がキャンセルされ、売上に影響をもたらす可能性がある。また、季節要因や急激なファッションの動向の変化により在庫不足または過剰在庫が発生し、業績に影響を及ぼす可能性がある。

②事業内容及び当社サービスに係わるリスクについて

業務の効率化および健全化を図るため、返品およびその他売上調整金の大幅な軽減を推進しているが、その過程において全体の取引量が減額する可能性がある。また、商品作りにおいて消費者を充分満足できない状況並びにそれをサポ-トすべきマ-ケティング活動がうまく機能しない場合、売上高と利益に影響を与える可能性がある。

主力サービス

・製造、販売事業

ジーンズ、ジャケット、シャツ、パンツの輸入・製造・販売