企業名

株式会社赤阪鐵工所< 6022 >

本社所在地

〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目7番1号 有楽町電気ビル南館 14階

会社情報HP

http://www.akasaka-diesel.jp/corporateInfo/greeting.html

設立

1934年

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

建設農業機械・産業車両

同業他社

レシップホールディングス<7213> ヤマシンフィルタ<6240>

沿革

明治43年5月
赤阪音七が焼津町において個人経営で船舶用焼玉機関の修理を開始。

昭和9年12月
払込資本金30万円をもって株式会社赤阪鐵工所を設立し、 赤阪音七が取締役社長に就任。

事業内容

内燃機関関連事業

事業リスク

1受注量の変動

内燃機主機関は船舶の受注があって成り立つものであり、世界的な経済 動向に直接的に影響を受けるものである。

2受注製品構成の偏り

内燃機主機関では採算性に乏しい製品もあり、受注の動向によってその ような製品を想定以上に受注した場合には業績に影響を及ぼす可能性 がある。

3特定の原材料及び部品の外部業者への依存

製品の製造において使用するいくつかの原材料・部品については、一部 の取引先に依存している。コントロールできないものもあり、供給が困難 になる、価格が急変するなどの事態になった場合には業績に影響を及 ぼす可能性がある。

4資材価格の変動

製品は製造原価に占める原材料費の割合が高く、銑鉄、コークス、鋼 材などの原材料の価格変動を販売価格に反映することが困難な場合には 業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

内燃機関関連事業

舶用内燃機関及び部分品、産業・土木機械の製造販売及び修理工事