企業名

コメリ< 8218 >

本社所在地

〒950-1492 新潟市南区清水4501−1

会社情報HP

http://www.komeri.bit.or.jp/

設立

1962年7月2日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

オークワ<8217>ケーヨー<8168>

沿革

昭和27年4月
新潟県から小売主食販売店の登録を受け、初代社長捧寅七が米穀商米利商店を創業。

昭和37年7月
個人商店を株式会社米利商店に組織変 、設立。

昭和42年
新社屋竣工(新潟県三条市)、ガソリン・LPガススタンド を同敷地内に開業。

昭和48年
株式会社米利に商号変更。1996年より、1000店舗達成に向けて「地区本部制」を導入。コメリの出店戦略は、H&Gを郊外に出店し、その後、市街地にHCを出店するという「船団方式」の方法で密度の高いドミナン ト・エリアを形成している。

事業内容

子会社11社で構成されており、その事業は、住まいの分野を事業の中核と捉え 、金物・工具・建築資材等のハードウェア商品と、園芸・植物・農業資材等の グリーン商品を主たる商材として、流通業を営んでいる。また、関連する商品の調達、物流、その他のサービス等をグループ一体となり展開している。

事業リスク

①出店に関する法的規制について

今後も業務用市場の開拓の一環としてプロのお客様向けに品揃えと在庫の確保を重視した、大型店の出店を予定している。法律やその改正等により、住民や自治体との調整のため、出店に要する時間の長期化や出店コストの増加等により当初の計画通りに出店ができない場合、業績や財務状況に影響を受ける可能性あり。

②気象条件について

園芸・農業用品をはじめとして、きわめて季節性の高い商品が多く、四季の特徴が早い時期より顕著に現れるほど販売が好調となる傾向がある。反面、暖冬、冷夏などにより商品の動きが鈍くなると、業績に影響を及ぼす可能性あり。

③競合について

ホームセンター企業各社は、プロ需要やリフォーム・ホームファッションなどに対応するため店舗の大型化を進めて競争が激化する中、更に業種・業態の垣 根を越えた競争が激しくなるなど、小売業全体において企業間競争が熾烈化している。多店舗展開によるドミナントエリア化を進めており、競合商品分野において有力な競合他社店舗によるエリア内への大型店舗の出店等により、業績に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

ホームセンター事業

・生活関連用品全般を扱う「パワー」・「ホームセンター」
・工具・金物(ハードウェア)と園芸(グリーン)を組みわせた「ハードアン ドグリーン」