企業名

しまむら< 8227 >

本社所在地

〒331-9550 さいたま市北区宮原町2−19−4

会社情報HP

http://www.shimamura.gr.jp/

設立

1953年5月7日

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

パル<2726>ライトオン<7445>

沿革

昭和28年5月
埼玉県小川町で呉服販売の個人商店を株式会社に組織変更し 、(株)島村呉服店として設立。取扱品目を呉服に加え当時消費が急増していた既製服及び生地と仕立てに拡大。

1961年
本社業務を東松山に移し、本社集中管理制度を確立。セントラルバイイング制を採用し、チェーン化への基礎を作る。

1972年
「株式会社しまむら」へ社名を変更。

1997年
ヤングカジュアル の専門店「アベイル」を出店開始。海外への店舗展開を目指し、台湾桃園市に 思夢樂股分有限公司を設立。福岡県へ出店し、九州地方への出店を開始。

2012 年
中国上海市に「飾夢楽」を開店。しまむらグループ1,800店舗突破。現在、 日本全国と台湾・中国に店舗を展開している。

事業内容

子会社2社、関連会社1社で構成され、衣料品を主としたソフトグッズの販売を行うチェーンストア群としての事業展開をしている。

事業リスク

①季節要因による影響について

冷夏暖冬などの異常気象による季節商品の需要の著しい低下が、業績に影響を与える可能性あり。

②特定の地域への生産の依存について

取扱商品は、輸入比率が高く特に中華人民共和国に集中している。当該国にお ける何らかの要因により生産が困難となった場合には、他地域へのスムーズな生産の振替を行えない限り、業績に影響を与える可能性あり。

③法的規制について

店舗の出店及び増床に際しては、平成12年6月1日より「大規模小売店舗立地法」(以下、「大店立地法」という。)が施行されている。今後出店ならびに 増床を予定している売場面積1,000㎡を超える店舗については、「大店立地法」による規制を受けることとなる。申請前の環境調査や出店が環境に与える影響の予測等に要する時間が想定され、業績に影響を受ける可能性あり。

主力サービス

総合衣料品の販売

・「ファッションセンターしまむら」顧客層を20代~50代の女性とし、ファッ ション衣料と関連品、および実用衣料
・「バースデイ」ベビー・子供用品
・「シャンブル」女性のファッション雑貨
・「ディバロ」女性のカジュアルシューズ