企業名

松屋< 8237 >

本社所在地

〒104-8130 東京都中央区銀座3−6−1

会社情報HP

http://www.matsuya.com/

設立

1919年3月1日

上場市場

東証1部

決算

2月

業種

小売業

同業他社

さいか屋<8254>井筒屋<8260>

沿革

明治2年
横浜市において鶴屋呉服店として創業。

明治22年
東京神田 進出し、百貨店としての基礎を築いた。

1889年
神田鍛冶町今川橋松屋呉服店を買収・継承し東京進出。

1907年
今川橋松屋呉服店三階建洋風に増築、東京で初の本格的デパートメントストアになる。初売りは「バーゲン・デー」の呼び名「○○デー」の元祖でもある。

1948年
商号を「株式会社松屋」に変更。

2012年
東京ステーションホテル内に「松屋 東京丸の内」オープン。

2013 年9月
平成21年度より段階的に行ってきた改装の総仕上げとして、2階に新た な銀座店の象徴となるインターナショナルブティックのフロアが完成、グランドリニューアルを迎えた。

事業内容

百貨店業、通信販売業およびこれらに関連する製造加工、輸出入業、卸売業

事業リスク

①経済情勢・需要動向等

百貨店業や飲食業の需要は、国内外の景気動向・消費動向等の経済情勢や冷夏 暖冬などの天候不順、同業態及びその他小売業他社との競合により影響を受け る。これにより、業績は影響を受ける場合あり。

②商品取引

欠陥商品や食中毒の要因となる瑕疵のある商品の販売及びサービスの提供をした場合、製造物責任や債務不履行責任に基づく損害賠償責任等により費用が発 生する場合がある。この結果、信用毀損が生じ、売上高の減少等が発生する可能性あり。これにより、業績に影響を受ける場合がある。また、百貨店業の外商部門をはじめとして、法人向け取引を行っており、取引先の倒産により、売 掛金の回収不能に伴う費用の発生等が生じる場合、業績に影響を受ける場合が ある。

③法的規制等

顧客や取引先との販売や仕入を通じて、消費者契約法、製造物責任法、独占禁 止法及びその関連諸法令等より法規制を受けており、また、事業を展開する上で、大規模小売店舗立地法、消防法、環境・リサイクル関連諸法令等の法規制を 受けている。従って、これらの法規制を遵守できなかった場合、活動が制限される可能性があるとともに費用の発生が想定され、業績に影響を受ける可能性 あり。

主力サービス

・百貨店業
・飲食業及び結婚式場の経営等
・輸入商品販売業