企業名

ダイト< 4577 >

本社所在地

〒939-8567 富山市八日町326

会社情報HP

http://www.daitonet.co.jp/

設立

1942年6月30日

上場市場

東証1部

決算

5月

業種

医薬品

同業他社

エーザイ<4523>エスエス製薬<4537>

沿革

昭和17年
6月富山家庭薬の東南アジアへの輸出統制会社として、大東亜薬品交 易統制会社を設立。

平成3年
12月商号をダイト株式会社(現社名)に変更。

平成17年
12月本社事務所棟を本社工場の隣接地に新設・移転。

平成19年
11月米 国イリノイ州に駐在員事務所を設立。

平成20年
10月本社工場に第六製剤棟を新 設。

平成23年
3月東京証券取引所市場第一部に上場。

平成24年
9月安徽微納生命 科学技術開発有限責任公司を子会社化〔現社名〕大桐製薬(中国)有限責任公 司。

事業内容

原薬の製造と販売。原薬とは、医薬品を製造するための原材料であり、一般に は、医薬品の中に含まれる有効成分のことを指す。ジェネリック医薬品の研究 開発と製造。ただ、MR等は有しておらず、医療機関への直接の販売は行って いない。
このため、開発・製造したジェネリック医薬品については、他の医薬 品メーカー様に、販売・販促活動を委託している。近年においては、ジェネリ ック医薬品市場の拡大に応じ、研究開発及び生産体制の更なる強化や販路の拡 大を図っている。自社開発または共同開発によるOTC医薬品の製造。米国、 欧州、アジア諸国へ向け、原薬、製剤の輸出業務。

事業リスク

1 原薬の製造販売及び仕入販売について

原薬の各品目は、基本的にはそれぞれ顧客が製造する特定の製剤の品目と紐 付いて継続的に販売されますが、その販売量は当該製剤の市場での販売動向及 び顧客の生産量調整による影響を受ける。また、顧客であるジェネリックメー カー等の医薬品開発戦略の変更や原薬製造の内製化等の製造委託に係る方針転 換等があった場合には、経営成績等に影響を及ぼす可能性がある。

2 他社開発の製剤の製造受託について

他社開発の製剤の製造受託に係る収益は、当該製剤の市場での販売動向及び当 該製剤に係る顧客の販売方針による影響を受ける。また、顧客である製薬会社 の医薬品開発戦略の変更や医薬品製造の内製化等の製造委託に係る方針転換等 があった場合には、経営成績等に影響を及ぼす可能性がある。

3 自社開発または共同開発による製剤の製造販売について

大手医薬品販売業者や医療機関向けの営業を行っていないことから、製剤の自 社開発を行う場合、その販売を担う、競合品を取り扱っていない他の医薬品メ ーカー等を確保する必要がある。したがって、そうした医薬品メーカー等を確 保できない場合等においては、自社開発の医薬品製造販売を行うことができな い可能性がある。

主力サービス

1 原薬生産・販売事業

「アゼラスチン塩酸塩」・「グリメピリド」

2 ジェネリック医薬品製造・販売事業

アレルギー性疾患治療剤「ロラタジン」

③その他事業

・医薬品の受託製造業務
・OTC医薬品製造・販売業務等