企業名

日本特殊塗料< 4619 >

本社所在地

〒114-8584 東京都北区王子5−16−7

会社情報HP

http://www.nttoryo.co.jp/

設立

1929年6月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

化学

同業他社

日本ペイントホールディングス<4612>関西ペイント<4613>

沿革

1929年
6月設立。

2004年
3月 Rietor Automotive International AG[現 ・Autoneum Holding AG](スイス)との合弁会社天津日特固防音配件有限公司( 中国)を設立(現・持分法適用関連会社)。

2005年
1月 Summit Auto Seats Industry Co, Ltd(タイ)他1社との合弁会社SRN Sound Proof Co., Ltd.(タイ)を設 立(現・持分法適用関連会社)。

2006年
6月 結子会社)。2008年5月 社)。
6月 Rietor Automotive International AG[現・Autoneum Holding AG]( スイス)との合弁会社Rieter Nittoku Automotive Sound Proof Products India Pvt. Ltd.( インド)( 現・AutoneumNittoku Sound Proof Products India Pvt. Ltd.)を 設立。

2010年
7月 武漢日特固防音配件有限公司(中国)を設立(現・連結子会社 )。

2012年
2月大和特殊工機株式会社の全株式を取得(現・連結子会社)。

2012年
4月 PT.TUFFINDO NITTOKU AUTONEUM(インドネシア)を設立 。

事業内容

当社、子会社12社及び関連会社9社により構成され、塗料の製造・販売及び工 事請負及び自動車用防音材(制振材、吸・遮音材)、防錆塗料などの自動車部品 の製造・販売を行う。

事業リスク

①海外事業展開のリスク

当社グループが事業展開する各国において、法律・規制の大きな変化、政治・ 経済状況の急激な変化、テロ・戦争等の社会的・政治的混乱などが発生した場 合は、経営成績、財務状況等に影響を与える可能性がある。

②為替リスク

当社グループの海外市場での業務展開は、合弁会社による現地生産を主体とし ている。これら合弁会社への出資金、合弁会社からの配当金、技術提携先との 技術料の受け払いなどにつき一定の為替リスクを伴う。また、購入する原材料 は海外で産出されるものが多く、これらの価格は直接・間接に為替相場の影響 を受ける。したがって、為替相場の変動により経営成績及び財政状態に影響を 及ぼす可能性がある。

主力サービス

①塗料関連事業

塗料の製造・販売及び工事請負

②自動車製品関連事業

自動車用防音材(制振材、吸・遮音材)、防錆塗料などの自動車部品の製造・販 売ならびにこれに関連した研究、開発