企業名

ジョリーパスタ< 9899 >

本社所在地

〒108-0075 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル

会社情報HP

http://www.jolly-pasta.co.jp/corporate/

設立

1971年9月

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

ゼンショーホールディングス<7550>サイゼリヤ<7581>

沿革

1971年
9月、資本金30,000千円にて山口県徳山市(現 周南市)にレストラン経営を目的とする株式会社サンデーサンを設立。

1971年
10月に第1号店を山口県徳山市(現 周南市)に出店(パーラー&レストラン)。

1976年
2月には、郊外型1号店を山口県徳山市(現 周南市)に出店し、以後、郊外店中心に展開。

1978年
10月、関東地区1号店を横浜市に出店。

1981年
12月には、本社およびセントラルキッチン(店舗のメイン食材となる半製品を製造)を山口県新南陽市(現 周南市)に新設、移転。

1983年
9月、ジョリーパスタ1号店を東京都に出店。

1990年
12月、広島証券取引所に上場。

2000年
3月、東京証券取引所に上場。

2007年
3月、株式会社ゼンショーの連結子会社となる。

2007年
9月、全額出資子会社 株式会社CS、株式会社BSを設立。

2007年
11月には、サンデーサン業態を株式会社CS及び株式会社BSへ会社分割し、株式会社ココスジャパン及び株式会社ビッグボーイジャパンへ譲渡。

2008年
1月、本社を山口県周南市から現在の東京都港区に移転。

2013年
8月、株式会社サンデーサンから株式会社ジョリーパスタに商号変更。

事業内容

株式会社ジョリーパスタの企業集団等は、株式会社ジョリーパスタ及び親会社(株式会社ゼンショーホールディングス)とで構成されている。パスタ専門店「ジョリーパスタ」を中心にレストラン事業を展開している。株式会社ゼンショーホールディングスを中心とする企業集団に属しており、株式会社ゼンショーホールディングスとは業務提携を行っている。

事業リスク

①)「食」の安全性に関するリスク

安全でおいしい商品を提供するために、品質管理・衛生管理を徹底しているが、万一、集団食中毒などの衛生問題が発生した場合、企業イメージの失墜によって、業績に影響を及ぼす可能性がある。

②法的規制及び制度に関するリスク

会社法、金融商品取引法、法人税法をはじめ、食品衛生、店舗設備、労働環境などに関わる各種法規則や制度の制限を受けている。これらの法規則や制度の変更や、解釈・適用の変更が行われた場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

③仕入価格の変動に関するリスク

購入している食材の仕入価格は、天候要因による市場価格ならびに外国為替相場の動向により大きく変動するものが含まれており、特に米や野菜の不作や肉類等の輸入禁止措置などにより、食材仕入価格が乱高下し、業績に影響を及ぼす可能性がある。

④自然災害及び異常気象に関するリスク

営業活動を営む地域で大規模な地震や洪水等の災害が生じた場合、被災状況によっては正常な事業活動ができなくなり、業績に影響を及ぼす可能性がある。また、当社は郊外型レストランを中心に事業展開しており、天候による消費者の外出機会の増減は売上高を左右する要因となっている。このため台風の度重なる上陸のような異常気象が発生した場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①各種レストランのナショナルチェーンの展開と経営