企業名

関西スーパーマーケット< 9919 >

本社所在地

〒664-0851兵庫県伊丹市中央5-3-38

会社情報HP

http://www.kansaisuper.co.jp/

設立

1959年07月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

カンセキ<9903> ベリテ<9904> コージツ<9905>

沿革

1974年(昭和49年)
8月 - 商号を「株式会社関西スーパーマーケット」に変更

1991年(平成3年)
11月 - 大阪証券取引所市場第二部に上場

2008年(平成20年)
3月 - 東京証券取引所市場第二部に上場

2013年(平成25年)
1月 - 大阪証券取引所市場第一部指定

2013年(平成25年)
7月16日 - 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所市場第一部上場となる。

事業内容

海産事業、青果事業、精肉事業、総菜事業、日配事業、一般食品事業、日用雑貨事業、他事業

事業リスク

(1)法的規制について グループでは、会社法をはじめ、食品関連法規やリサイクル関連法規等の様々な法的規制の適用を受けている。社内体制の整備および構築により、事業活動に関る法令遵守に万全を期しているが、万一これらの法令を遵守出来なかった場合、グループの業績に影響を与える可能性がある。

(2)個人情報の管理について グループでは、電子マネーである発行「おさいふカード」や「ネット関西スーパーらくらく宅配」と「味なこだわりネットショッピング」から得る多数の個人情報を有している。これらの個人情報は、社内規程に基づき情報管理責任者を選任し、管理体制に万全を期しているが、万一これらの個人情報の流失や犯罪行為等による情報漏洩が発生した場合、社会的信用や企業イメージを損ない、グループの業績および財政状況に影響を与える可能性がある。

(3)食品の安全性について グループでは、食品の安全性に常日頃から十分な注意を払い、品質管理体制に万全を期しているが、万一が販売する商品での食中毒の発生や暫定基準値を超える放射性物質を含む食品の流通など、国内・国外を問わず予期せぬ事態が発生し、消費者の不安感や不信感が増大した場合、店舗営業成績が低下し、グループの業績に影響を与える可能性がある。

(4)自然災害・事故等について グループでは、兵庫県下、大阪府下および奈良県下に食品スーパーマーケットを店舗展開いたしている。本社と店舗における各種システムや設備には種々の防衛策を講じているが、万一同地域で地震や風水害および火災等の予期せぬ災害が発生し、甚大な設備の損壊があった場合や電力供給がストップした場合、業務の遂行に支障をきたし、グループの業績および財政状況に影響を与える可能性がある。

(5)競合店の参入について グループが店舗展開する商圏内では、同業態であるスーパーマーケットはもとより、大型ショッピングセンターやディスカウントストア等が乱立しており、すでにオーバーストアとなっている地域もある。では、価格政策や店舗サービスの充実および商品の差別化等により、競争に打ち勝てるよう努めているが、今後も同一商圏内への同業態の出店が多数計画されており、こうした競合店の参入が既存店の営業成績に影響を与え、グループの業績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

海産10%青果16%精肉12%総菜8%日配15%一般食品31%日用雑貨6%他2%