企業名

杉本商事< 9932 >

本社所在地

〒550-8502大阪市西区立売堀5-7-27

会社情報HP

http://www.sugi-net.co.jp/

設立

1938年01月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

ダイトーエムイー<9923> 平和紙業<9929> 北沢産業<9930>

沿革

大正10年(1921)
2月 杉本四郎、大阪市大淀区において旭商店を創業

昭和13年(1938)
1月 資本金15万円をもって株式会社旭商店に組織変更

昭和27年(1952)
12月 社名を杉本商事株式会社に変更

平成 4年(1992)
11月 大阪証券取引所市場第二部に上場

平成15年(2003)
4月 東京証券取引所市場第二部に上場

平成17年(2005)
3月 東京証券取引所・大阪証券取引所市場第一部に上場

事業内容

機械機器等の国内販売・海外輸出入

事業リスク

(1)業績の変動要因 景気動向、おもに鉱工業生産指数や製造業稼働率指数及び機械受注等の統計資料で示される分野に比較的影響を受けやすい業種に属している。その原因は、機械及び機器・工具類が、産業機械、工作機械、自動車、電気、半導体、電子部品等に最も多く使用・消費されているからであり、各々が経済成長率に影響をあたえるほどすそ野が広い分野であるからである。流通過程の見直しによる販売ルートの開拓、新規開拓、新規出店による商圏の拡大等の営業努力を行っているが、自動車関連、IT関連、液晶や半導体関連の製造現場での設備投資、工場稼働率が下降した場合には、の業績が影響を受ける可能性がある。

(2)人材の育成 経営に係る基本的な方針は、「顧客満足度の向上」であり、当該方針を実現できる人材の確保と育成を重要な経営課題として捉えている。今後においても、業績拡大や積極的な出店を継続していくためには、従来以上に注力する必要がある。新市場開拓のために積極的に人材確保を行いながら、情報提供、技術提供といった提案型営業のできる人材育成と技術的専門知識をもったセールスエンジニアを育成し他社と差別化を図り、新規出店、業容拡大に向け努力している。しかしながら、業容拡大・新規出店を担える人材の確保及び育成ができない場合には、の業績及び今後の事業展開に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

測定器具29%工作用器具10%機械工具30%空圧・油圧器具20%他11%