企業名

バイテック< 9957 >

本社所在地

〒140-0002東京都品川区東品川3-6-5

会社情報HP

http://www.vitec.co.jp/

設立

1987年04月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

卸売業

同業他社

インパクト21<9944> ドトールコーヒー<9952> ヨンキュウ<9955>

沿革

1987年
4月 電子部品の販売を目的として東京都品川区北品川1丁目8番20号に株式会社バイテック(資本金1億5,000万円)設立

1993年
10月 日本証券業協会に株式を店頭登録

2000年
12月 東京証券取引所市場第二部上場

2012年
11月 東京証券取引所市場第1部指定

事業内容

半導体および電子部品等の販売 環境・エネルギー分野のコンサルティング、関連商品の販売

事業リスク

(1)エレクトロニクス・情報通信業界の環境変化によるリスク エレクトロニクス・情報通信業界は、グローバルレベルでの環境変化に直面しており、国内大手電機機器メーカーは、海外エレクトロニクスメーカー・EMSメーカーの台頭、国内市場の縮小、中国を中心とした新興国マーケット拡大により、生産拠点および投資の見直し、海外メーカーとの提携の動き等、ビジネス構造の改革を迫られており、業界再編の動きも活発化している。グループはこうした外部環境変化に対応すべく、地域・市場・仕入先・販売先の多様化を図り、バランス経営を実現していく方針ではあるが、このような施策が想定どおりに進捗しない場合には、グループの財政状態および経営成績は影響を受ける可能性がある。

(2)エレクトロニクス・情報通信業界の需要動向についてのリスク グループの業績は、エレクトロニクス・情報通信業界の需要動向により、売上高、利益とも価格変動の影響を受ける可能性がある。グループの取扱商品は国内大手電気機器メーカーを中心に販売しているため、需要変動が激しく、ライフサイクルが短いものがある。このため、グループでは、価格変動リスクを抑えるため、受発注管理の徹底により商品在庫を適正に保つとともに、過剰・滞留在庫を抑えるべく努力している。また、成長が見込める環境分野、安定的な需要の見込める産業機器・医療分野等、他業界への積極的販売活動を行っていく。しかしながら、グループの主要顧客の販売・生産動向や短期間での価格の大幅な変動等により、グループの財政状態および経営成績は影響を受ける可能性がある。

(3)特定の仕入先への依存度が高いことについてのリスク グループは、ソニー株式会社、NXPセミコンダクターズジャパン株式会社などの特約店として販売活動を展開している。このため、上記各社の製品開発方針、販売方針等により仕入や販売に影響を受ける可能性がある。グループでは、主要仕入先との緊密な関係を構築する一方で、新たに海外メーカーを中心とした仕入先を発掘し、取扱製品の多様化を図っていく。しかしながら、主要仕入先が製品開発方針及び販売方針等を変更した場合には、グループは仕入や販売に影響を受けるとともに、財政状態および経営成績は影響を受ける可能性がある。

主力サービス

デバイス96%、環境4%