企業名

アシードホールディングス< 9959 >

本社所在地

〒720-0043 広島県福山市船町7-23 アオンズ福山ビル

会社情報HP

http://www.aseed-hd.co.jp/company/

設立

1972年11月

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

小売業

同業他社

やまや<9994>

沿革

昭和47年
11月、広島県福山市入船町に「日本バンテン株式会社」(資本金100万円)を設立し、食品機器の販売を開始する。

昭和48年
8月には、「中国フード機器株式会社」に社名変更し、本社を広島県福山市松浜町に移転する。

昭和55年
9月、乳飲料の自動販売を開始し、初めてサプライアーシステム(物流委託方式)を導入する。

平成元年
6月、CIを導入し「アシード株式会社」に社名変更する。

平成13年
2月、東京証券取引所市場第二部へ上場する。

平成16年
4月には、事業効率の向上を図るため、飲料製造事業の事業統合を行い、北関東ペプシコーラボトリング株式会社の飲料製造事業を株式会社三吉酒造場に営業譲渡するとともに、北関東ペプシコーラボトリング株式会社は北関東ペプシコーラ販売株式会社に、株式会社三吉酒造場はアシードブリュー株式会社に商号変更。

平成17年
9月、石川サンポッカ株式会社の株式取得。(平成17年12月、株式会社中部ベンデックスに商号変更)。

平成20年
8月、不動産運営子会社アオンズエステート株式会社(現・連結子会社)を設立。

平成20年
10月には、会社分割により株式会社ベンデックスに自販機運営リテイル事業を承継させ、アシード株式会社をアシードホールディングス株式会社へ、株式会社ベンデックスをアシード株式会社に商号変更。

平成23年
4月、宝積飲料株式会社(現・連結子会社)を株式交換により取得。

平成25年
1月、ベトナム、ホーチミン市に駐在員事務所を開設。

事業内容

アシードホールディングス株式会社、連結子会社6社により構成されており、自販機運営リテイル、飲料製造、飲料サービスシステム及び不動産運用を主な事業としている。

事業リスク

①法的規制について

連結子会社のアシード株式会社及び北関東ペプシコーラ販売株式会社は、自販機運営リテイル事業において、食品衛生法の規制を受けている。そのため、法的規制の変更があった場合、業績に影響を及ぼすことがある。

②特定の業界における販売シェアについて

連結子会社のアシード株式会社及び北関東ペプシコーラ販売株式会社は、遊技場内での自販機運営リテイルによる販売シェアが比較的高い状況にある。また、アシードブリュー株式会社は、遊技場内でのカード(アオンズ・カードシステム)の利用シェアが高い状況にある。平成26年3月期における遊技場業界に対する売上高は、連結売上高の26.0%を占めており、同業界の経営環境や遊技場数の増減、さらに遊技場の集客数の増減や条例等による規制等によっては影響を受ける可能性がある。

③飲料製造事業について

連結子会社のアシードブリュー株式会社の宇都宮飲料工場及び宝積飲料株式会社では、ブランドオーナーから依頼を受け清涼飲料や低アルコール飲料の受託生産を請負っている。業績は、天候の影響やブランドオーナーの外注政策によっては影響を受ける可能性がある。

主力サービス

①自販機運営リテイル事業

カップ飲料、缶・ボトル飲料、紙パック飲料、スナック食品等のスマートストア(自販機)による小売販売及び運営管理

②飲料製造事業

炭酸・コーヒー系飲料の製造、清酒・焼酎・低アルコール飲料の製造と販売

③飲料サービスシステム事業

飲料自販機用カード及び関連機器の企画・販売・システム管理及びコーヒー飲料等の総合サービスシステムの提供

④不動産運用事業

オフィスビル、商業施設等の開発及び賃貸等、グループ所有の不動産の有効活用と効率管理