企業名

ソフトバンク< 9984 >

本社所在地

〒105-7303東京都港区東新橋1-9-1

会社情報HP

http://www.softbank.jp/corp/

設立

1981年09月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

情報・通信業

同業他社

日商エレクトロニクス<9865> JBCCホールディングス<9889> ミロク情報サービス<9928>

沿革

1981年
9月 (株)日本ソフトバンク(東京都千代田区四番町)設立、パソコン用パッケージソフトの流通事業を開始

1990年
7月 ソフトバンク(株)に社名(商号)を変更

1994年
7月 当社株式を日本証券業協会に登録

1998年
1月年 当社株式を東京証券取引所市場第1部へ上場

事業内容

純粋持ち株会社

事業リスク

(1)経済情勢について グループが提供するサービスや商品(例えば、通信サービスやインターネット広告を含みるが、これらに限りません。)に対する需要は、経済情勢の影響を受けるため、景気の悪化がグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)技術・ビジネスモデルへの対応について グループは、技術やビジネスモデルの移り変わりが早い情報産業を事業領域としている。今後何らかの事由により、グループが時代の流れに適した優れた技術やビジネスモデルを創出または導入できない場合、グループのサービスが市場での競争力を失い、顧客の獲得・維持が困難になる可能性がある。その結果、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)通信ネットワークの増強について グループは、通信サービスの品質を維持・向上させるために、将来のトラフィック(通信量)を予測し、その予測に基づいて継続的に通信ネットワークを増強していく必要がある。これらの増強は計画的に行っていきるが、実際のトラフィックが予測を大幅に上回った場合、サービスの品質の低下を招き顧客の獲得・維持に影響を及ぼすほか、追加的な設備投資が必要となり、その結果、グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

(4)他社経営資源への依存について
①他社設備などの利用グループは、通信サービスの提供に必要な通信ネットワークを構築する上で、他の事業者が保有する通信回線設備などを一部利用している。今後何らかの事由により、当該設備などを継続して利用することができなくなった場合、または使用料や接続料などが引き上げられた場合、グループの事業展開や業績に影響を及ぼす可能性がある。
②各種機器の調達グループは、通信機器やネットワーク関連機器など(例えば、携帯端末や携帯電話基地局の無線機を含みるが、これらに限らない。)を他社から調達している。特定の会社への依存度が高い機器の調達において、供給停止、納入遅延、数量不足、不具合などの問題が発生し調達先や機器の切り替えが適時にできない場合、または性能維持のために必要な保守・点検が打ち切られた場合、グループのサービスの提供に支障を来し、顧客の獲得・維持が困難になる可能性や調達先の変更のために追加のコストが生じる可能性がある。その結果、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

移動通信47%、スプリント39%、固定通信7%、インターネット6%、他1%